院試終了の睡魔

今日うちの学科の院試が終わった。
いままで頑張ってきた4年生お疲れ様。
院試がもう2年前になるんやなー。なつかしー。けど、きつかった~。
俺は4年のときは8月10日くらいから学校に12時間以上居座る日々だった。
あんなきつい思いはもうしたくないね。
(修論前にそれ以上になるかも知れんが、今は考えんとこう(汗))
院試が終わって4年生の結果が良かったのかどうか知らんが、
やたら機嫌のいい助教授が昼間っから「飲もう!」などとたわごとをほざき始めた。
そこで研究室にいた面子ほぼ全員で酒盛りが始まった。
とは言ってもシャンパンを一瓶空けただけなんだけど、このシャンパンがあかんやった。
一段落ついて自分の部屋に戻ると突然えもいわれぬ感覚が俺を襲った。
”眠気”である。抵抗するわけも無く俺は椅子を二つ並べてしばし眠りについた。
1時間ほど眠っただろうか、起きて周りを見ると酒をかっ食らった奴らは全員寝ていた。
「あのシャンパン睡眠薬かなんか入っとったっちゃない??」
これが我々の結論である。コップ1杯飲んだだけやのに全員爆睡やもん。
洋酒ってのは怖いね。
な~んもやる気がなくなったところで、久々にサークルに参加してみた。
院試が終わった4年生とかも来ていたのでとても懐かしい雰囲気だった。
いままで1~3年生しかサークルに来ていなかったから行き辛かったのよね。
ちょっと嬉しかったんで、飯食いついでに院試お疲れ飲み会をやった。本日2回目の酒である。
酒を飲むと気が大きくなってしまうもので、
結局6,000円も払ってしまった…。ちょっと後悔…。
さて、明日は試合運営の仕事である。とは言ってもタダ働きやけど…(バイト代くれよ(-_-メ))
9月23日の団体戦に向けて練習しようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です