思考回路

最近急激に冷え込んできましたね。
風邪など引いてませんでしょうか?
こう寒くなると何となく寂しさがこみ上げてくるのが人間というものです。
僕もごく稀に(マジ時たま)寂しくなることがあります。
理由は分からないのに気分が沈みこむことが皆さんもあるでしょう。
「何で俺はここにいるんだろ?」
とか、考えたことありませんか?
知っている人がいるかどうか分かりませんが
僕の思考回路はかなりのマイナスです。
自分で言うのも変ですが、めちゃくちゃ後ろ向きです。
悪いほうに悪いほうに物事を考えてしまいます。
いつも前向きになりたい!って考えてます。
だから、何か嫌な事があったとするとまず最初に必ず自問自答します。
ここで普通の人ならこう言うでしょう。
「自分ばかり責めてもしょうがないでしょ」と。
確かにそうですが、僕は自問自答することも大事だと思います。
ここで言う自問自答というのは、自分を責めることじゃありません。
客観的に自分を見つめてみるということです。
客観的に、論理的に自分を分析することはとてもためになります。
欠点が見えてくればその裏が長所なんだから、そこをこれから伸ばそうって考えると
ずいぶんと気分が楽になりますよ。
ミュージシャンのhitomiも普段は後ろ向きだそうです。
だからこそ人一倍「前向きに生きよう」と考える力が強くて
それを貸しに書いているんじゃないかって言ってました。
多分僕もそうなんでしょう。
何か嫌な事があったときは無理やり発散するのもひとつの手ですが
たまには自分を見つめてみるのもいいかもしれませんよ。

写真好きな男

懐かしい写真を見るだけで、じんわりと胸の奥が熱くなりませんか?
写真には目で見た光景以上の「何か」が写っているような気がします。
スナップ写真でも、風景写真でも、
撮影している人はその場に「特別な何か」を感じているから
シャッターを切るんでしょう。
今日、大学に入ってから今までの写真を整理してみました。
就職活動中に読んだ本に、
「自己分析には過去の写真を眺めよ」と書いてあったんですけど、
なるほどと思いました。
今まで忘れていたいろんな出来事、その時の感情がわきあがってくるからです。
思わずじっと見入ってしまいました。
整理して一つのことに気がつきました。
それは、アプリを含めたサークル絡みの写真が一番多く、
大学時代の写真の半分以上を占めているということ。
いろんなサークルに知り合いがいて、いろんな人に支えられてるんだなぁ
って、いまさらながら実感しました。
写真はいいですよ。
いろんなものが映し出される。
「今」ってのは本当に今しかないんですよね。
その今を大事にするために、
そしてたくさんの思い出を残すために僕は写真を撮ります。
明後日からの秋連盟でもたくさんの写真を撮ろうと思います。

お姫さんの相手

皆さんおひさしぶりです。丸一ヶ月ぶりの更新です。
なーんか最近いろいろと忙しくて更新できませんでした。
学校もさることながら、バイト、テニス、遊びと、
学生生活6年目にして一番遊びまわっているような気がします。
テレビ見る時間も無いもんだから、世間の話題について行けん…。
いやーしかし、北谷合宿は楽しかったですなぁ。
たった一泊だけだったけどテニスに飲みにとても充実してました。
アプリの中に僕の同期はほとんどいません。
だから、あんな風に気の合うもの同士で遊べることが何よりも嬉しかったのよ。
次は初打ち合宿かな?楽しみにしてます。
やっぱりテニスは楽しいのが一番ですね。
僕はバイト柄、初心者クラスを受け持っているので
テニスの楽しさを教えるのに苦労することが結構あります。
初級以上は楽なんだよね。自分たちで楽しんでボール打ってるから。
みんなも最初はボール打ってるだけで楽しかったでしょう?
でも世の中にはいろんな人がいるってこの間思い知りました。
僕のクラスに一人の女性が入会してきました。
20代後半ぐらいの女性です。最初簡単に打ち方を教えて
手でボールを投げて打つ練習をするとすぐにボールを打てるようになったので
他の生徒さんと混ざってもらっていっしょに練習してもらうことにしました。
しかし、球出しをしても3球目は絶対にとろうともせん。
打ちやすいようにゆっくり出しているボールなのによ。
しかもなんかぶつぶつ「疲れた」だの何だのと愚痴をこぼしよる。
普通の会話しようにも何も話さんもんやからこっちとしてもどうしようもない。
初心者の人で純粋にテニスをしたいと考えている人が少ないのは事実なので
僕は初心者にテニスの楽しさを教えることが仕事だと思っています。
しかし、後から直接話したところによると、何と、
テニス別にしたくない
らしい。さすがにテニスを真っ向から否定されたのは初めてでした。
試合かなんかに誘われて、テニスしたことが無いくせに
かるーく「いいですよ」とか答えて、しょうがなしにルールだけでも知っとこうと
スクールに入ったらしいんです。
そこで僕は言いました。
「ルールとかはお友達とかペアの人に教えてもらえばいいんじゃないですか?
多分お友達でテニスしたことある方とかいますよ。」と。
彼女いわく、
「それは私のプライドが許さない!」
らしい。マジでお嬢です。天上天下唯我独尊女ですな。
こんな人が世の中にはいるんだなぁ…。
ひとつ勉強になりました。別にこっちから馴染もうとは思わんので
これからはほったらかしにするつもりです。
でもま、他のお客さんの迷惑になるような感じだからこっちから追い出すでしょうけどね。
テニスコーチってのはホストみたいなもんとよく言われるけど、
さすがにあの手の女の相手はできないなぁ。
社会に出る前に、世の中にはいろんな人がいるってことを再確認出来て良かったような
悪かったような…。