葉月

8月ももう終わり
早すぎる
kissというCDを借りてみた
80’後半~00’までのドラマの主題歌
一度は聴いたことのある歌
時の流れを感じざるを得ん
こうやって年食って行くんやろか
あさっても試験か・・・
もう飽きたんですけど

ケータイ

ケータイをトイレに置き忘れた
5分後ぐらいに気づいて取りに行くも
そこには何もなし
めちゃくちゃ冷や汗出た
友人にはケータイを盗まれたやつもいる
それだけに、悪いことばかりが頭をよぎった
幸いにも、近くの会社の人が拾ってくれて
その会社で預かってくれているとのことだったので
取りに行った
受付のねーちゃんがかわいかった
ちょっと得した気分(単細胞)
ボーっとしていてケータイを置き忘れ
ねーちゃん見てちょっとボーっとなった
所詮そんなもんす

つきあい

付き合いが悪いといわれているらしい
テニス部のほうも、九州出身者の集いのほうも
俺にも言い分はある
まるでそんな余裕はない
息抜きをしている暇さえない
もしその場に行ったとしても
その場の雰囲気を壊すだけだから
むしろ行かない方がいいと思っていたのに
ひどい言われ様だ
切羽詰っていると言わなかった俺が悪いといえば悪い
でも、電話で忙しいと言おうにも
その電話をする暇さえ無いように思われる
正直言ってへこむのを通り越して
空しくなった
人集めとか色々やってもなぜか文句を言われる
昔から損な役回りだ

背伸び

同期のSEさんたちは
勉強が好きなのか、
はたまた資格がほしいのか
色々勉強について話をしているのはいい
でもその話し方を見ていると嫌気がさす
人の話が終わる前に相手の話を遮って
そこから自分の理論を展開しようとする
SEってそんな人ばっかりなんだろうか
コミュニケーションで一番大事なのは
相手の話を聞くことではなく
聴くことではないのか
最近よく「らしくない」と言われる
俺らしいっていったい何だ
もし周りの目に「熱い男」と写っていたなら
それは勘違いだろう
俺もよくもまぁそこまで背伸びをしたものだ
物事には相応というものがある
会社の名前に踊らされて、
地元に残らなかった自分が恨めしい
無理に背伸びして俺は何を求めていたんだろう

仲間

大学の学科の同期10人で飲んだ
卒業以来半年振りの人もいれば
2年半ぶりの人もいる
めちゃくちゃ懐かしい
たった半年とは言ったものの
ここまで懐かしいと思うとは思わなかった
すごく居心地のいい場所
ただ楽しいだけじゃない
みんなと一緒にいてなんだか安心した
早めに帰ったのが悔やまれる
またみんなと集まって遊びたい
大学の仲間が俺のスタートラインのような気がした

高校野球

今日は甲子園の決勝戦だったらしい
テレビなんて見とらんから
情報がまるで入ってこない
いや、見る暇がないから情報の取り入れようがない
2,3日前に新聞で
ベスト8のうち4つが四国というのを見て驚いた
九州勢はすべて2回戦までで姿を消した
もうちょっとがんばってほしいよなぁ
西日本短大付属(福岡)が優勝したのももう10年ぐらい前
ちょっとの間にずいぶん変わるもんです
ダイエーも今年はさっぱり
2年前のすごさはどこへやら
何はともあれ、甲子園の終わりとともに
夏の終わりを毎年のように感じる

憤り

これでもちっぽけなプライドを
抱えながら暮らしている
現実の辛さ秤にかけて
バランスをとろうとするそんな夜は
自分を見失うんだ 愛をなぞる言葉さえ
忘れていく
華やかな町を通り抜け 路地裏の片隅で
したたかに生まれ生きていく子猫のように
ビルの風 欲望の渦
踊りながらすり抜けていくよ
口笛を吹きながら…
この歌が唯一の、ぎりぎりの支え

24時間

24時間テレビが放映されていた
モー娘はいったい何人まで増えるんか分からん
つんくブームももう下火やん
最近はインディーズ出身ブーム
元ちとせとかモンゴル800とか
R&Bもそうやけど、歌唱力重視になってきたように思える
いいことだ
そういえばしばらくGLAYの曲を聴いてない
a Boyとかカナリヤとか聴くと切なくなるんやなーこれが
明日当たり新曲聴いてみよう