キャスティング

寮についてテレビをつけてみると
織田裕二が医者役で出ていた
影を落としたような役柄
10年近く前に同じようなドラマがあった
「振り返れば奴がいる」
尊厳死という終わりのないテーマに挑む
二人の医師
正反対の道を歩んで来た二人が迎えた結末は
悲劇的なものだった
織田裕二の役作りにはいつも驚かされる
目で語ることの出来る少ない俳優だろう
医学会を取り巻く欲望と、
父と子を描いたドラマ
もっと早く見ておけばよかった
知らなかったことが悔やまれる
医者というものは難しい
昔から体が弱く病院にかかることが多かったため
いろんな医者を見てきた
ちゃんと検査までしてくれる医者もいれば
触診もせず問診だけで済ませる医者もいる
患者は不安を抱えている
その不安を取り除くのが医者の一番の仕事ではなかろうか
人間的にも強い心を持たないとそれは無理だろう
医者になろうと思ったことはない
でも、自分が目指す人間像は同じだ
折れることのない強い心を持ち
他人の心痛みの分かる人になろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です