医者の心

治療方針の決定のため
朝から病院へ
今の主治医の先生は
福岡にいる先生としょっちゅう会っている仲
この間も家に遊びに行ったらしい
先生いわく
「九州の人ってほんとうに九州が好きだね」
僕もそのとおりだと思う
魔力みたいなものか、人情がそうさせるのか
周りにいる九州出身の友達も
少なからず望郷の念は強いはず
先生が話し始めた
「末期の肺がんの患者さんがいてね、
 死ぬなら博多で死にたか~っていってたよ。
 最後本当に福岡に輸送しようとしたんだけど
 末期だったから無理だったんだ…」
なぜだか涙が出そうになった
望郷の念に、じゃない
最期を故郷で迎えさせてあげようという
優しい心遣いに
久しぶりに心ある医者に出会えた気がした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です