午前3時の独り言

表向きの明るい自分と
周りには出さない内向的な自分
どちらも本当の自分
でも
無理をして表向きを装い
疲れることも多々
何かに寄りかかりたい
「誰だって自分を認めてほしくて
 誰だって自分をわかってほしいけど
 まずは自分自身が
 認めてやり分かってやることさ」
簡単なはず、簡単なはず
でも
僕には出来てなさそうな気がするのはなぜだろう

うーん

何も考えずに生きられたら
どんなに楽だろう
そう簡単にいくわけもなく
また一日が過ぎ去る
物事に正面から向き合おうとすればするほど
空回りの繰り返し
斜に構えていれば
楽なのだ
そんなときもある

雨と泪

長い道のりの中には
躓くこともあるだろう
心を踏みにじったり
もてあそんだり
そんなやつらに
かまうことは無いんだ
山を越え川を下り
大きく息を吸い込む
繰り返す道のりを
目いっぱい進んでやれ
ねたみや僻みや
さげすんだり馬鹿にしたり
周りの目なんてお構いなしなんだ
新しい朝が君のことを
待っているから…

手ふさがり

周りにあるすべてを
信じていたい
その想いとは裏腹に
思うようにいかない
自分を信じられるようになりたい
それ以上に周りのすべてを信じたい
簡単なはずなのに
僕にはなかなか上手くいかない
もどかしさに押しつぶされそうになる

先輩風

新人さんが来た
俺が2年目、信じれん事実
成長し・・・てないなぁ
覚えたのは電話のとり方と
お客さんとの話し方
そんなもんか・・・
人間的にはむしろ退化したか
自分の意思すらなかなか伝わらない
もどかしさにウンザリする今日この頃
死ぬほど忙しければ
余計なことを考えずにすむのに・・・

奥深し

徹夜明け
体力的にはそこそこきついが
そうも言ってられない
上位上司たちは
全員自分よりも長時間起き続けて
二徹なんてザラ
トラブル時には
特にマネジメントの腕が問われるという
ぎりぎりの状況にもかかわらず
やばさを微塵も見せない姿には脱帽
トラブル時にこういうことを言うのは
不謹慎だろうが
とてもいい勉強になった

初徹夜

朝、会社に行くと
上司からいきなしトラブル対応に召集命令
東陽町に急遽出動
どんな修羅場が待ち受けているかと思いきや
一つ一つの作業に12時間近くかかる上
意思決定にも時間がかかっているため
結構空き時間があるのに驚いた
徹夜が続いているにもかかわらず
現場のスタッフは妙に落ち着いている
というか、ナチュラルハイなのか?
どっちにしても
ギスギスした雰囲気じゃない
うちの会社の社風かなぁ
それが駄目だと言う人もいるかもしれないけど
僕はこの社風が好きだ
さて、今日は徹夜でがんばるかね