懐かしい感触(学問編)

日経新聞の記事から
「太陽系誕生、超新星爆発で?」
今までは
宇宙空間に漂っている塵やガス
(星間ガスといいます)が
非常に長い時間をかけて凝集し
太陽という恒星が形成され
それから惑星が形成されたと考えられてきました
この記事によると
太陽系は非常に長い時間をかけて
形成されたわけではなく
超新星爆発という星の爆発の衝撃波によって
急速に形成されたのではないか、ということでした
超新星爆発でしか形成されない鉄60が
太陽系初期の隕石中で見つかったからだそうです
僕も太陽系初期の隕石を分析してました
鉄同位体ではなく有機炭素の分析でしたが
そこから得られる情報から
太陽系の初期状態を推測するのは
なんというか、イマジネーションを掻き立てられて
とても面白かったですね
久々に懐かしい感触を味わった気分でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です