贈る歌

時計の針が24時を回り
わずかな荷物を持って走り出す
街を歩く人たちみんな白黒に見えて
君の家に向かう道だけにはっきり色がつく
お金もない時間もないけれど
今日は君がこの世に生まれた日だから
今の僕に出来るたった一つの贈り物
君の心にこの歌が届きますように
優しい笑顔曇らぬように
この歌を贈ります
悲しいとき寂しいときもあるけれど
君らしくいてくれることを願いながら
今の僕に出来るたった一つの贈り物
君の心へこの歌が届きますように
優しい笑顔曇らぬように
この歌を贈ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です