Here is a new information.

c0035424_1765226.jpg

ストレイテナーがニュー・シングル“KILLER TUNE”を12月1日にリリースする。好評をはくしたアルバム『ROCK END ROLL』以来の作品となる本作のタイトル曲は、〈90年代UKの匂い〉を漂わせるメロディーの作品で英語詞となっている。
初回生産限定盤は、2004年8月26日LIQUIDROOM ebisuで行なわれたライブから4~5曲をダイジェスト収録したDVD付き2枚組。(bounce.com)

第二戦

【対第一製薬R&D戦】
 ◆ダブルス1    2-0勝利
  ・カウント    6-4
           6-1
  ■反省点
  ・ダブルフォルト 3回 → 目標値:0回
  ・リターンミス  2回 → 目標値:0回
  ・凡ボレーミス  1回 → 目標値:0回
   (特にフォアボレー)
  ■伸ばす点
  ・ファーストボレーの準備が早くなった
  ・リターンミスが減った
  ■次にやってみる点
  ・序盤にストレートリターン
  ・序盤にポーチ出まくり
  ・攻めのロブ
バックボレーは問題なし
フォアボレーは問題だらけ
来週はシングルスとダブルス両方出場
油断せずに行こう

あきばれ

あきばれ
すきとおるような青空
少しだけ感じる寒さ
キンモクセイの香り
少しだけ人恋しく
少しだけすがすがしい
寂しさにも似た香りがぼくの心に広がる
いつもよりも少しだけ深く息を吸い込むと
今ここに生きている幸せを感じた

初戦

【対日本航空電子戦】
 ◆ダブルス1    2-0勝利
  ・カウント    7-6(7-3)
           6-4
  ■反省点
  ・ダブルフォルト 5回 → 目標値:0回
  ・リターンミス  3回 → 目標値:0回
  ・凡ボレーミス  2回 → 目標値:0回
  ■伸ばす点
  ・ファーストボレーミスが減った
   (サーブ直後にスプリットステップ)
  ・リターンミスが減った
   (フカしているときはあえて下がって打つ)
  ・突き球の安定性があがった
   (下がった状態でスピン重視のショット)
  ■次にやってみる点
  ・攻めのロブを使う
  ・ポーチ(サーブがよい場合)
 ぎりぎりの緊張感は感じなかった
 勝ったからよいが
 内から湧き上がる衝動を感じなくなって久しい
 どこに心を置き忘れてきた?

心の薬

「風邪は万病の元」
よく耳にする言葉である
その風邪だが
ウィルス性のものと細菌によるものがあることは意外と知られていない
で、無知な患者の間で広まった変な常識が
『抗生物質を飲めば治る』
というもの
抗生物質はウィルスには効かないのである
なのにこの根拠のない常識がまかり通っているのは
病院にいけばとりあえず抗生物質をもらえるから
「抗生物質いりません」といっても「とりあえず飲んでください」
驚いたことに抗生物質を処方しない医者に疑問を持つ患者まで出てくるシマツ
そして抗生物質の乱用が生んだ副産物が
多剤耐性菌による院内感染
健康を維持するための医療が新たな病の温床になるとは皮肉なものだ
さて、心の病につける薬はあるだろうか
気を紛らす方法を探す、気持ちを切り替える、運動をする…
人それぞれいろいろとあるだろうが
そもそもそういう解決策を実行に移せるなら
いちいち悩んだりしないのである
とはいっても結局最期に解決するのは自分自身なのだが
そのときにたった独りで立ち上がらなければならないのは
冷たく孤独でしょう
誰にも頼らず孤独を感じずにいられる人なんているのだろうか
「人に迷惑はかけまい」
「前を向け」
「これしきのことが何だ」
自分に言い聞かせるたびに
自分が磨り減っていくのが分かる
どれだけ磨り減ろうと
何にもなかったような顔をするしかないのだ
頭では分かっているのだ

音の新世界

KILLER TUNE
ストレイテナー。
ボーカル→実は僕のいとこです。
(実はいまさらですがはじめて聴きました)
贔屓目に見なくても
一リスナーとしてこれはイイ!
いろんなカテゴリあるけど分類しがたい。
あえて言うなら
ブリティッシュラウドロック(???)
とにかく
Check it out!

「頑張って!」の効果

「がんばって!」
普段からよく耳にする言葉
この言葉が知らずに人を傷つけていること
知っていますか?
人それぞれ何かしら心に抱えているものがあります
その痛みに共感できる人、できない人色々いるでしょう
でも本当に分かりきることなんてできないと思います
大事なのは
「分からないなりに分かろうとする心」
「分からないけど分かってあげたいと想う気持ち」
じゃないでしょうか
最近ことある毎に「がんばって」を聞きます
まるで「がんばって」のバーゲンセール
本当に相手のキモチ、分かろうとしてますか?
その場を取り繕うために
「がんばって」
って言った事ありませんか?
表向きは笑っていても
普通に笑うことにすらすごい精神的労力を使う人だっている
そんな人に「がんばって」って言えますか?
頑張りたいという気持ちはあるのに
身体が言うことを聞かない人だっているんです
「そんなこと考える人の気持ちは分からない」って人も
心に風邪を引くことはあるとおもいます
「がんばって」
言う前にちょっと考えてみましょう
心のトビラの鍵をなくさないためにも