最近気になること part3

最近気になることについていろいろと書いてきましたが、実は一番気になるのは俺の腹!!中学3年のときに成長が止まって(笑)からというもの、約10年間同じ身長、体重をキープしてきました。まぁ運動をしていたとはいえ、10年間全然変化がないというのもまたすごいことかもしれませんが、、いやね、体重が増えるとかそんなことはどーでもいいとです。困るのは『今ある服が入らなくなる』こと。最近スーツの腰周り、ジーンズの腰周りがなんかキツイんですわほんと。おなかがきついのはいただけないので簡保のHPを利用してヘルスチェックをやってみました。
結果は…

【病気予備軍の食生活】

ぐぇぇぇぇ

 高血圧、糖尿病、高脂血症……どれも食生活とふかーい関係のある病気ですが、今の生活はこうした病気に向かってまっしぐら、というものです。体に不調が現れる前に、少し食事に気を配りましょう。
 朝食はちゃんと食べていますか?朝食抜きはダイエットの大敵です。朝、食べないと、体が飢えた状態になっているので、次に食べたものが体に蓄えられてしまいます。相撲取りの生活を考えていただければいいのです。食べずに稽古して、空腹が最高潮のところで食べるから、あんなに大きくなれるのです。
 寝る前に食べたり飲んだりするのも、太るもと。胃腸にも負担がかかります。
 また、食べるとき、飲み込む前に何回噛んでいますか?よく噛めば胃腸への負担が減るのはもちろん、ゆっくり食べることにもなるしアゴの運動にもなり、いいことづくめ。できれば一口で20回くらいは噛みたいものです。
 食べるもので注意したいのは、塩分、糖分、コレステロール。塩分は高血圧や心臓病に悪影響を与えるし、糖分やコレステロールは糖尿病や高脂血症のもとです。
「塩分は1日10グラム以下に」と言われていますが、意識して塩をひかえないと、なかなかここまでは減りません。みそ汁1杯で1.5g、たくあん小皿1皿ほどで2.5~3g、塩ざけで4.5~6.5g、そば4.5~5g、ラーメン5gの塩が含まれています。みそ汁にたくあん、塩ざけで1日分になってしまいます。塩分を減らすには、調理の時は塩を少なくして、食べる前に食物の表面に塩を振る、また、レモンやコショーなどの香辛料の力を借りる、といった方法があります。
 コレステロールも取り過ぎを防ぎたいものです。1日300mgまでというのが健康な食生活の目安です。うなぎ100gにはコレステロール240mg、若鶏むね肉100gで80mg含まれています。卵1個では200mgです。取り過ぎは害になりますが、コレステロールも体には必要なもの。よく、コレステロールを取らないよう、卵はひかえているという話を耳にしますが、普通はそこまで神経質にならなくても、1日1~2個なら問題ありません。もちろん個人差があり、病気などでひかえるよう言われている人は食べないほうがいいですね。心配な人は、一度医師に相談してみるといいでしょう。
 こってりしたもの、甘いものを少し減らして、その分、野菜を多く食べるよう心がけるようにしてください。

しかし、社会人になってから運動をする回数は減るのに酒の量は増えるわけで、そうなるとそりゃー体によろしくないものがたくさんたまるわな。トータルワークアウトでもやって見ようかと思う今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です