宮城県地震

earthquake.jpg
宮城県を震度6弱の地震が襲いました。
かなり大きな地震だったのですが、犠牲者が出なかったのがせめてもの救いでしょうか。関東に引っ越してきて一番驚いたのはやはり地震の多さです。九州では地震が起きれば結構大騒ぎになりますが(この間の福岡県西方沖地震なんかは天変地異ですよ、ホントに)、関東近郊では「また地震ね」程度です。まー肝が据わっているというか、なんというか。。
こう地震が多いと、東海地震も心配されます。ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、東海~東北の太平洋沿岸は、大陸プレート・太平洋プレート・フィリピン海プレートという3つのプレートが交差して形成されています。大陸側のプレートの下に入り込むような形で太平洋プレートとフィリピン海プレートが交差しています。力学的なベクトルがゆがんで衝突しているため、その交差地点の歪みはプレートが2つのときよりもはるかに大きく、歪みが開放された時のエネルギーは・・・おおおぉぉぉ、、おそろしぃ。。でも、地球から見たら、ちょっと身震いした程度なんでしょうね。地震が起きないようにするのは不可能です。ですから、起きたときにどうするかを常に考えておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です