器用か不器用か

空
皆さんは自分が器用なほうか不器用なほうかといわれるとどっちに属すると思いますか?僕は僕自身不器用だと思います。一つのことしか出来ませんし、一度決めたことは曲げないし、八方に愛想を振りまくことも苦手です。じゃぁ逆にいろんなことをいっぺんに出来てたくさんの人に笑顔で接することが出来ることが羨ましいかといわれると、特にそういうわけでもありません。僕みたいな不器用者が器用なことをしようとすると、必ず中途半端になって逆によろしくないんですね。そういう意味では僕は不器用であることは嫌いではないです。
では、器用・不器用ということで物事がうまくいったりいかなくなったりするでしょうか?スポーツ選手を見ているとよく分かりますが、器用な選手もいれば不器用な選手もいます。彼らはスポーツでお金をもらっているわけだから、いわば全員が一流。一流になるのに器用も不器用もないんですね。イチローは試合後のインタビューに答えようともしません。コレって生き方不器用です。松井は本当はいろんなことができる器用な人のように見えます。状況に応じていろんなバッティングをしますしね。
最近思うんですが、器用な人と不器用な人では物事をうまく進めるためのやり方・プロセスが違うだけなのではないかと。不器用だからやってもうまくいかないとか、そういうことはありえないんですね。器用な人はいろんなことができる。それでいいんです。不器用な人はいろんなことが出来ない代わりに、どうやったらうまくいくかを一から考えることができる。そしてそれをほかの人に展開することも出来るわけです。それって素敵なことですね。だから僕ももっともっと愚直なまでに努力しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です