医療の在り方其の弐

先日あほな医者に処方してもらった薬がぜんぜん効かないので、同じ病院で別の先生に診てもらうことにしました。今度はちゃんと僕の主治医の先生なので安心安心♪
しかし季節の変わり目に咳が出る&喉の激痛は東京に出てきてからの恒例行事のようになってしまいました。
先生に診せても案の定「あぁ~ひどいねぇ~」といった感じ。もう体質ですからしょうがないですよね。
で、今日は別の薬を処方してもらいました。これで早く治したいですね。
小さいころから病院行きまくりだったので薬にも詳しくなってしまいました(笑)
風邪引いている人だったら簡単に症状を聞くだけでどの薬をあげればいいかが分かってしまいます。
もちろんそんな危険なことはしませんけどね。
今日診てもらった先生は、僕が喘息の再発だと思い込んでいた症状を別の症状であることを一回の診察で見抜いた人。
すごい先生です。だから信頼もできる。それに、患者を一人の人間として扱うことができる。
たとえば、僕は今日も病院にいった後仕事があるのでフォーマルな私服とかばんという姿で病院に行ったのですが、その姿を知ってか知らずか「ごめんなさいね、お待たせして」というナイスフォロー。
僕のバックグラウンドを知っていたかどうかは定かじゃありません。
でもその一言で精神的にも安心することができる。もしかしたらそれで寿命が延びる患者さんもいるかもしれません。
その姿勢がうれしいですね。
プロの医者としての膨大な知識と患者を思いやる気持ち。
自分の技術力と相手を思いやる気持ち。
どの業界にも通用しますね。また一人目標となる人が増えました。
そのまえに、はよ体なおそ・・・

医療の在り方

めでたく誕生日に風邪を引いたということで病院にいってまいりました。
僕は自分で言うのもなんですが、外見がいかついので絶対に病気をしないように思われることが多いですが、実は弱蔵です。小さいころから気管支が弱く、すぐ喘息の発作を引き起こしては病院に担ぎ込まれていました。
毎年一回、必ず高熱を伴う風邪を引いていました。テニスを始めてからやっと少しはましになってきましたが、社会人になってからというもの、テニスをする回数が減ったので季節の変わり目にすぐ風邪を引いてしまいます。
そんな状態なので、小さいころから医者というものをたくさん見てきました。
医療システムの変遷もいろいろ見てきましたがそれは別の機会に書くとして、医者という職業の方々はタイプが大きく真っ二つに割れます。すごく患者想いの人と、研究に没頭する人の二つです。
そして僕自身の経験論からいくと、後者のほうが圧倒的に多い。研究にのみ打ち込み、患者と向き合わない医者があまりにも多いという現実です。
本日、不幸にも後者の医者に診察を受けました。大きな病院なのでたくさんの先生がいます。僕は医者と対応することに慣れているので自分の症状を的確に伝えることは出来ます。いわゆる問診という奴です。困ったことに、その医者は問診しかしない。一応触診はするけど形だけ。
症状を聞いてそれに効く薬を処方するだけ。それが医者の仕事ですか!?
症状から病名が出てこないと何も出来ないんですかあなた?普段の食生活の状態を聞くとか、栄養が偏っているかどうかをチェックするとか、そういうもっと他にも聴くことあるんじゃないんですか?
この間診てもらった先生はそんなんじゃなかったのに・・・・。僕は医者はある意味サービス業だと思っています。病気を治すのが医者の仕事じゃない。病気を治す手助けをし、患者が健康でいられるようにアドバイスをするのが医者です。患者はいろいろな不安を抱えています。その支えになることも医者の大事な仕事じゃないでしょうか。それなのに精神的不快感を与える医者のなんと多いことか!
まぁそういう医療界にも最近たくさんメスが入って膿が次々と出されているようですがまだまだ氷山の一角ではないでしょうか。もちろん、いい先生にもたくさん出会いましたよ。テニスをやっている関係上、お医者さんとは良く知り合いになります。みんなとってもいい先生たちです♪
これから高齢化が進む中で医療という仕事はますます重要になってきます。
あほな医者が増えないことを祈るばかりです。

あ、誕生日だった

何か忘れていると思ったら・・・今日は僕の誕生日です!ついに28歳になってしまいました。
おっさん?いやいやいや、これから男としての魅力が出てくるいい時期じゃないですか!
男として、そして一人の人間として今以上にもっともっとでかくなるために精進したいと思います。
と言っている矢先、誕生日なのに風邪を引いてしまいました。
この体の弱さはもう小さいころからなのでずっと背負っていくしかないんですがね。
しかしタイミングが悪い。
コレだけは何とかしたいところです。昔からそうなんですが、肝心なときに失敗をするたちなんですよね。
高校のときはセンター試験の当日に高熱だしたり(試験は受けました)、
大学のときは試験当日に寝坊したり、社会人になってからはシステム稼動本番の日に寝坊ってのもあります。普段は絶対に寝坊しないのに・・・。
飛行機のバースデー割引チケットを取っていたのに起きたらフライト5分前てのもあります。
さらに恋愛においてまでタイミングが悪いシマツ・・・うーむ、こりゃもうネタにするしかないな(笑)
いやいや、本気で何とかしたいところ。多分意識しすぎて土壇場で失敗するんでしょうな。
ということは、普段から土壇場の心境でやっておけばいいのか。なるほど。そうしよう(勝手に納得)。
さらに、自分の誕生日を忘れているなどというのもちょっと問題かと。
自分の誕生日をあまり重要視しない⇒自分以外の人の誕生日にも興味がわかない。
あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!こりゃぁまずいじゃないスか!
だってよ、自分に大事な人が出来たときにその人の誕生日忘れちゃったらブチ切れられること必至!
うぉぅ、こりゃ何とかせにゃ。まー周りの人を思いやるのと同じくらいに自分も思いやりたいと思います。
(どんなまとめ方やねん・・・)
えーと、熱があるためぐだぐだな投稿になってしまいましたすいません。
明日は朝から病院に行って来ようと思います(笑)

長谷川穂積の戦い方

鳥肌が立ちました。もうこの一言に尽きます。
WBC世界バンタム級タイトルマッチの防衛戦。初防衛とは思えない見事なKO勝利を目の当たりにしました。
見事なKO勝利に鳥肌が立ったわけではありません。
もちろんアツイ試合に感動はしましたが、鳥肌が立ったのはその試合の運び方。
1R、チャンピオンは目の覚めるような左ストレートで先制攻撃をかけ、あっという間に主導権を握りました。(チャンピオンは左利き)
そこですぐ攻め立てるようなまねをせず冷静にジャブからボディーへのしつこいまでの攻撃。
挑戦者がウィニングショットの右を撃ってくればそれにあわせるような左クロスカウンタを確実にヒットさせる。
7ラウンドぐらいまで完全に注意をボディへ向かせ、そこから畳み掛けるように左ストレート。
この戦い方に背筋が凍りました。
——————————–
1.序盤に強烈なパンチを見せ、挑戦者を呑み込んだ
2.基本に忠実な攻めパターンで一点に注意をひきつけた
3.挑戦者の攻め手を全て防いだ
4.一発でしとめるのではなく、必ず決まるパンチで3回ダウンを奪った
——————————–

相手を一番効率的に倒す術を心得ていて、そのシナリオどおりに任務を遂行した
といった印象を受けました。
試合が始まったとき、レフェリーが間に入ったとき、そして試合が再開されたときは
全てきちんとグラブをあわせて相手に答える。謙虚の塊。
チャンピオンとして自信に満ちた姿、謙虚な姿勢、そして一番確実に相手を倒す戦略。
いままでこれだけ3拍子そろったチャンピオンは見た事がありません。
もしこれがテニスの試合で、こんな人が対戦相手だったら・・・考えただけでゾッとします。
逆に、もしこちらがそれだけのことをできたら・・・どんな相手でも倒せそうな気がします。
テニスに当てはめると・・・
——————————–
1.序盤にいきなりストレートリターンを打つ or いきなりポーチに出る
2.スーパーショットを打たずに愚直に突き球で粘る
3.相手の得意ショットをとにかくしのぐ
4.ウィニングショットは確実に決まるときに打つ
——————————–

こんな感じかな。
よし、ひとつ戦略出来た♪

身近な会計学

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
4334032915 山田 真哉

光文社 2005-02-16
売り上げランキング : 26

おすすめ平均 star
star社会人より学生向けでは・・・?
star内容が薄い
star読み易い

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ビジネス書というには浅すぎる感はありますが、普通の読み物としては全然OKかと。
会計学の入門中の入門といったところでしょう。
(あまり詳しく読もうとすると、いろんなアラが見つかるので軽く流すことをお勧めします(笑))
この本で気づかせてくれるところは下記かな。
1.日常生活の中で気づかないうちに会計的考えを使っている事実
2.会計を通じて、身の回りのもの全てを数値的に分析する姿勢
3.数字を見る際にも多次元的な分析が必要であること
ちょっとした暇つぶし程度に読んでみても結構な気づきが得られますよ。

日常生活にWBSを

「できる人」の極意!
4838715250 斎藤 孝

マガジンハウス 2005-06-16
売り上げランキング : 5,204

おすすめ平均 star
starまさに斉藤メソッドベスト版的BOOK
star上達ノウハウが漏れなくまとめられている...
starまさに齋藤メソッドの集大成!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

人間の持っているあらゆるものには全て「力」をつけることができる。
発想力、想像力、友達力、恋愛力にいたるまで・・・。
その中で特に注目するのが「段取り力」でしょうか。
目の前にあるタスクの納期を意識し、優先順位をつけて段取り良く片付けていく力。
【日常生活=プロジェクトマネジメント】でも書きましたが、まさしくプロジェクトマネジメント。
日常生活で誰もが直面する事象への対処例として著者のやり方が書き記してあります。
(Destination and Methodsですね)
学ぶべきことの多い一冊です。

Review~風の谷のナウシカ~

風の谷のナウシカ
B00005R5J3 宮崎駿 島本須美 納谷悟郎

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2003-11-19
売り上げランキング : 344

おすすめ平均 star
star一番好き
star次世代へ伝えるべき傑作。
starついに!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ラピュタを観たらナウシカを見ないわけには行かない!
というわけで、ジブリ2レンチャンで観てしまいました。
この映画が出来たのは1984年。で、原作の漫画が完成したのが確かその10年後ぐらい!?
そうです、ナウシカの映像版しか見たことのないあなた!原作の漫画を読んでみてください。
かな~~~り重いです。ええ、火の鳥並みに。
ものがあふれかえる現代の人間への警鐘かも知れませんなぁ・・・。

Review~天空の城 ラピュタ~

天空の城ラピュタ
B00005R5J4 田中真弓 横沢啓子 初井言榮

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2002-10-04
売り上げランキング : 210

おすすめ平均 star
star見直してみました。
starファンタジーの最高傑作!
star君をのせて

Amazonで詳しく見る by G-Tools

NHKでやっていたシルクロード特集で、空に近い町と雲の風景があまりにもきれいだったので
ふと思い出して思わず見直してしまいました。
映画として公開されたのは1986年。今からもう20年近く前なんですね~。
宮崎アニメの代名詞ともいえる「風の谷のナウシカ」が公開されたのがこの2年前の1984年。
ナウシカに影響されてか、テレビの宮崎アニメ特番とかでもラピュタの話が出てくることはあまりありません。
こんなにいい作品なのになぁ・・・。
宮崎アニメの中でも一番好きな作品です。この次がナウシカかな。最近のはあんまり・・・
(ハウルに至ってはまだ観てねぇ…)
今見て思うんですが、子供から大人まで楽しめるアニメですね。
忘れていた少年のころの冒険心を掻き立てられること間違いなしです♪

【テニス】試合結果と課題

【試合の結果】
 ベスト4(3位)
【分析】
・サービスゲーム
 サーブミスは殆どないといってよい。ファーストサーブもほぼ狙い通りだったので特に問題なし。
 ファーストボレーのミスが目立つ。サーブが良いのはいいが、サーブが崩れたときに
 ボレーでリカバリする方法が確立できていない。ビッグサーブは必要なし。
 ファーストボレーを上達させることでプレー幅が広がり、勝利への近道ともなる。
 以前に比べてポーチに出る回数が減った。ミスしても良いので一回だけ「ポーチに出る」事実を見せておく必要がある
 ≪改善手段≫
 弱いサーブからのボレー練習
 前に詰めてから準備をするタイミングを早くする
 (サーブ⇒2歩前でステップぐらいでよい)
 ≪結果≫
 ダブルフォルト 1
 
・リターンゲーム
 ほぼ全てをフォアハンドで返した。バック側に来たらロブをあげていたが、
 無理して打ちに行って失敗するよりもこの手段をとってよかった。
 ロブが浅いことが時々あったこと、相手に打たせるロブ・相手を抜くロブのどちらを使うかを意識しなかったことが課題。
 ストレートは1試合に最低1本は打つようにしたい。
 ≪改善手段≫
 あまり前に詰めすぎないようにして「スイング」で打つ。
 ビッグサーバが相手のときはサービスラインより2歩ほど下がる。
 ≪結果≫
 単純なリターンミスは1,2本程度
【コーチ総括】
 僕らのペアはボレーでつなぎながら決めるというよりは、ストロークでがんがん押すタイプなので
 相手がビッグサーバのときは2人とも下がってしまってかわして相手のミスを待つのもあり。
 ひとつのプレースタイルとして頭に入れておくと良い。
とはいえ、3位という結果には満足しています。
今までとは違って、いろいろと明確な課題が明らかになった試合でもありました。
以上、よろしくお願いいたします。