わかりやすいコミュニケーション

先日、ビジネススクールにてコミュニケーションのあり方について見直したわけですが、なかなかうまくいかない自分にもどかしくなります。
仕事でお客様に向けて提案を行ったりするのですが、相手が求めている疑問に対する明快な回答がぱっと出てこないんですね。言いたい結論というのは頭の中で固まっているのですが、これを音声にして表現するということがどんなに難しいことか改めて認識しました。
相手が求めている疑問に対する回答が出たときは、何だか複雑なパズルのピースとピースが”カチっ”っとはまったような感覚になります。しばらくそういう感覚忘れているなぁ。学生のころはそういう感覚よくわかったんですが、ここ2年近くご無沙汰です。SEをやっていたことが影響しているとは思いたくありません。確かにエンジニアの場合は投げかけられる疑問(質問)が答えやすい質問であり、上流になればなるほど混沌とした疑問(質問)が投げかけられてくるので、営業という立場になると回答を出すのがエンジニアよりも難しいという点はあるとは思いますが。それに対する回答が出せるようになるには日ごろから訓練をしておかなきゃいけないんですよね。大事ですね、言語化。
◆結論は最初に伝える
◆内容を細かく区切る
毎朝意識するようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です