音力

ever free
今週末の先輩結婚式の余興の時に使う曲をiTunesでだらだらと聴きながら探していたときに、しばらく忘れていた曲が流れてはっとしました。今は亡きhideの曲。何とはなしに聞き流していたんですが、やっぱり歌詞を聴いているとすごいいい曲だなぁと。


“デタラメと呼ばれたキミの夢の 続きはまだ胸の中で震えている・・・”
確かhideが亡くなってすぐリリースされた曲。
あのころなんかつらいことがってそれでもがんばったろうと思ったことを思い出しました。
X-Japanの激しい音とはまた別の側面を持った曲をたくさん世に出したhide。彼の曲にはたくさんのメッセージがこめられていると感じます。今あふれかえっているのは、ほとんどが恋愛を歌った曲。もちろん恋愛の曲も好きですよ。「あぁぁぁこんな気持ちあるある!!」って自分と重ね合わせてみたり、揺れ動く自分の気持ちと連動するところがあるから記憶にも残りやすいんですね。
hideの曲はそれとはちょっと違う感じです。ただ歌詞の字面を追っていくだけだと意味がよく分からない。歌詞と曲が一緒になって流れ、詞と詞の間というか、”間”のようなところでしょうか、うまくいえませんがそういうところに詞と一体になったメッセージが隠されているような気がするんです。分かりにくいですかね?それともそんな気がしているのは僕だけ??
『ROCKET DIVE』『ピンクスパイダー』『ever free』は内容に連動性があり、「『ROCKET DIVE』で‘勢いにまかせて飛び出そう’とのメッセージを込めたが、実社会では挫折や困難などもありそれだけではダメだということで挫折や困難を歌う『ピンクスパイダー』を作った。『ever free』はその挫折を乗り越える内容の詩を歌っている。」と生前コメントしているとのこと。
そんなhideの記念館であるhide MUSEUMが2005年9月25日をもって閉館するそうです。しばらくhideという人がいたことすら忘れていました。たまたま曲が流れたことでもうすぐ閉館するという事実を知ることが出来た。これってラッキーですね。閉館前に一度いってみたいと思います。
Say good bye ただGood bye 全てのわずらわしさにGood bye
Say good bye ただGood bye 変わること恐れずにGood bye
Please don’t tell me true…
君のメロディー どこにいても 鳴り続けている
もしどこか一人迷っても 歌えたならしなやかに歩き出せる…

「音力」への1件のフィードバック

  1. リンク、早速貼らせていただきます☆
    hideと言えば、むかーし彼と一緒に活動していたギタリストのライブ演奏を偶然聴いた事があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です