タスクマネジメントの突き詰め方

日曜日まで休みだったんですが、メールチェックをしたところ進めなきゃいけないことが色々と出てきたので出社しました。
一週間まるまる旅行とかだったらよかったんですけどね(笑)あまり休みすぎると社会復帰できなくなっても困るので。
時間を区切る、タスクを分散する・・・タスクマネジメントには色々と手法があると思います。
その中に「自分ではないと仕事が回せないと考えるのはよろしくない」という考え方もあります。
要は、自分が出来なかったら他の人が出来るように常にタスクのロードバランシングを考えておくべきだということなんですがね。
自分の仕事のやり方を見直すとあまりそこがうまく出来ていない。
自分がいなかったときにどうしてもらうか。
この一週間、自分は不在なわけで、その間の仕事のうちひとつは上司にお願いをしました。
が、あとの一つがおざなりになっていました。
まぁおざなりになるというほどデカイものでもないのですが。
その仕事を月曜から始めるのと金曜からはじめるのとではタスクのリードタイムに3日分ぐらいの違いが出るわけです。
休みに入る前に方針だけでも固めて関係者に通知することをしておくべきだったと今頃後悔。
やはりまだまだ思考が足りてないんです。
「自分ではないと仕事が回せないと考えるのはよろしくない」
「上司は使ってナンボ」
という言葉。それを言う資格がある人はおそらく自分のタスクをしっかりこなし、なおかつリスクヘッジも出来ている人なのでしょう。
まだまだ、日々勉強です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です