ストロークとボレーの注意点

最近ずっとスランプだったボレー。
数回ラリーが続くとすぐばてていたストローク。
この二つがうまくいかない原因と解決策を本日のスクールで発見しました!
まずボレー。
【問題点】
 インストラクターをやっていたときの悪い癖で手だけでボールを飛ばそうとするから
 全部フラットに当たってバックスピンがかかりませんでした。
【解決策】
 強制的に横向きを作ってからボレーをする。
 (本来はボレーの際は斜め前に踏み込むのが正解)
 コレによってナチュラルなバックスピンがかかり、力負けしないボレーが出来るようになる。
そしてストローク
【問題点】
 腰の上下動が激しいため、すぐ疲れてしまっていた。
 疲れるとあごが上がるのでストロークをフカしてしまっていた。
【解決策】
 腰の上下動を抑えるため、ベースラインより下がらずに常にイメージを前へ前へ持って打つようにする。
 深いボールは全てライジングで返す。
 体重が前に乗っているためボールに力負けしない上に、腰の上下動も押さえられるので
 粘り強いプレーが可能になる。
この二つのポイント、超重要項目として認識しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です