Saipan Report vol.4

三日目。起床6:30。もうここまでくれば慣れたもんです。
出勤するのと同じって考えればいいわけですから(笑)
で、カーテンを開けてみると・・・・雨~~~~~~~~~~~~(ToT)
雨のマニャガハ島
結局、居座った熱帯低気圧は残念ながら台風になり、サイパン・グァムをすっぽり覆いつくしてしまいました。
でもまぁビーチでのんびりするためにサイパンに来たわけではないんだからまだラッキーだと前向きに考えました。
だってね、ビーチでのんびりするためだけとか、ゴルフをするためにサイパンに来た人たちは
台風で全てがパーなわけですから、それを考えたらまだ自分らは潜れるんだしマシかな、と。
さてさて、三日目の海洋実習は普通ならビーチからエントリーするんですが
実はこの大雨でエントリーできるポイントがなくなってしまったとのこと。
お金はかかりますがボートをチャーターして沖でのボートダイブにするか、次回来たときにフリーで一回分だけ講習を受けるかのどちらかを選択させてもらえることになりました。
そりゃもちろんボート選ぶでしょ。$80とちょっと高めだけど今取っとかないと絶対後悔しますから。
どっちにしろ、ライセンス取った後はボートチャーターすることも考えていたのでむしろラッキーです。


エントリーポイントはマニャガハ島近くの大陸棚と沈船(Ship Wrek)の2ポイント。
ナマコ
二日目ほど雨はひどくなく、時折青空も見えそうな天候。
まず一回目にマニャガハ島近くまでボートで行き、海上からエントリー。
やっぱりビーチと違ってすぐ下は10メートルもあろうかという深さ。
最初はちょっとビビリましたが、すぐに持ち直してゆっくりと海底へ。
やっぱりここでも耳抜きは重要。1メートル降りるごとに耳抜きをしないといけないほどです。
でもこれも面倒なだけで辛い訳じゃないのでダイビングをしたことのない方はご安心を。


深いところに行くとやはりいろんな魚や珊瑚がいるわけで
台風で透明度が低くても、二日目の限定水域とは比べ物にならない楽しさでした。
海洋実習はマスククリアとかそういう実習みたいなものはほとんどなく、
唯一あるのは緊急時のスイミングアセントぐらい。
海底で酸素切れになったときに、残った息を吐きながら海面に上昇するという奴です。
それも全然難しくありませんでした。
珊瑚
一度休憩を挟んで沈船ポイントへ。
しばらく海底を遊泳してインストラクターについていくと
目の前に巨大な物体が!
沈没船といっても大したもんじゃないだろうとたかをくくっていたのですが
いやいや、すげぇでかさ!なんでも第二次大戦中の日本軍の船だとか。
その船にたくさんの魚や珊瑚が群生していてとてもきれいでした。


サメ
一番ラッキーだったのはサメを見れたこと。
いたんすよ、サメが!サメといってもすごい小さい奴ですけど、それでも2メートル近くあるんじゃないかな。写真には端っこしか写ってませんが(笑)
雨季とはいえ、こんなに天気が乱れることは殆どないとのこと。
そんなときにピンポイントで行ってしまうなんて運が悪いとしか言いようがないのですが
それでもライセンスは取れたし、ボートからのダイビングも出来たし、サメも見れたし、満足です。
グロットには行けませんでしたが、それは次回行くときの宿題ということで(笑)
◆Diving Log
・Dive No.3
・Date 10/10/2005 ・Location Managaha ・Activity OWTD3 ・TANK 200~100
・Time 9:18~9:42 ・Air temp.28℃ ・Water temp.29℃ ・Depth 7m
・Weight 5kg ・Suits 3mm ・Tank al 11L ・Wether cloudy
・Dive No.4
・Date 10/10/2005 ・Location Sugar Doc ・Activity OWTD4 ・TANK 200~700
・Time 11:40~12:24 ・Air temp.28℃ ・Water temp.29℃ ・Depth 10m
・Weight 4kg ・Suits 3mm ・Tank al 11L ・Wether cloudy

「Saipan Report vol.4」への2件のフィードバック

  1. お、サイパンでダイビングやったんだ!
    俺も2年まえにサイパンでライセンスとりました。
    グロットで海ガメ見たよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です