Saipan Report vol.5

飛行機からの眺め
目が覚めたのは9:00。
カーテンを開けると、やっぱり雨でした。
結局、サイパンに到着した日以外は全日程で雨にやられてしまい、
素敵なリゾート気分はどこへやら(笑)
晴れていたらレンタカーを借りて、島の最北端にあるマッピ山へ言ってみたいと思っていたのですが、この天候では諦めるしかありませんでした・・・無念。。
この島の北端の崖は島で一番日本に近い場所。米軍に追い詰められた日本兵や在住日本人が「万歳」を叫びながら身を投じたことから、戦後この岬は「バンザイクリフ」という名で知られることになったそうです。
その南、標高二五〇メートルのマッピ山の一角には「スーサイドクリフ」(自決のがけ)と呼ばれる断がいがあり、この場所からも、多くの日本人が身を投げたとのこと。
僕は旅行に行くとき必ずその地の歴史に触れることができる場所を訪れることにしているので、マッピ山にはぜひともいきたかったんですが、これもグロット同様、次回の宿題ですね。


チェックアウトが12:00と遅めだったので友人と町をぶらついたりホテル内で仕事をしているチャモロ(現地人)とおしゃべりをしたりしてのんびり過ごしました。
サイパンの人たちは本当に陽気で、その人たちと話しているだけでも日ごろのあくせくした生活から開放されます。
次回行くときは絶対に乾季に行くこととしよう。
sunset glow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です