変わっていく街・人

1年ぶりに秋葉原へ行ってきました。
電機の聖地・おたくの聖地、秋葉原。
降り立ってまず気づいたのは、あまりもの景観の変わりよう。
駅前の巨大なビル、筑波エクスプレスの真新しい駅、そしてヨドバシカメラ・・・
1年前のアキバとはまるで違う街のよう。
あふれかえる人の波。
そこには1年前にたくさん見られた俗に言うアキバ系な人たちはあまり見られず
その代わりに若いカップルやおしゃれな女の子たちが普通に買い物を楽しんでいました。
土曜の昼間だったからかもしれませんがそれにしてもここまで変わるものかと。
アキバがここまで変わったのはメイド喫茶・フィギュア・ガンダム・・・・
その他多数の文化を生み出したおたく市場に他なりません。
野村総研によるとおたく市場は2,900億円規模。
また他の経済アナリストによると、中古品を含めたプレミア価格市場を加えると3兆円市場にもなるとか(?)
かくいう僕もガンダムに関してはちょっとうるさいわけで、そういう意味だとれっきとしたおたくですな(笑)
コレだけ大きな市場情報がメディアにのってあっという間に日本全国に広がり
「おたく」という一つの文化がただの「流行」となってしまいつつあるのではないかと。
新聞に載っていました。「現在のおたくは極端なこだわりが見られない”にわかおたく”だ」と。。。
街が活気付くのは良いですが、メディアもあまり過剰にあおらないで欲しいものですね。
#僕がいったメイド喫茶は老舗店舗だったため、萌え萌えじゃんけんはありませんでした(笑)
次回は萌え萌えじゃんけんができる“@home cafe”に行ってみようとおもいま~す♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です