モバイルSuicaがナンボのもんじゃい?

msuica.JPG
去る1/28にモバイルSuicaのサービスが開始されたことは首都圏在住の方ならご存知でしょう。
さてこのサービス、普及するんでしょうか?
非接触型ICカードとして普及を始めたFelica。
それを携帯電話に搭載し、実際は様々なサービスが提供されています。
知ってましたか?おサイフケータイだけじゃないんですよ!?
トクトクポケット三井住友VISAカードiDなどFelicaを用いたサービスは実はすでに世に出てきているんです。
おサイフケータイはキャリア主導だったため普及するしない以前に
膨大なプロモーションが打たれたことは事実です。
しかし、その他のサービスはまるで日の目を見ることなく水面下に埋もれているように思います。
もっとプロモーションに力を入れればいいのに・・・まぁそんなお金ないんでしょうがね。
キャリアもMNP(モバイルナンバーポータビリティ)に向けて顧客を囲い込みたいなら、プッシュトークとかいう絶対に流行るわけねー機能アピるよりも新しいサービスのアピールをすりゃいいのに・・・。
とまぁキャリアが固定顧客の囲い込みに躍起になって新しいサービスに目もくれない昨今、
先にも書いたモバイルSuicaがサービス開始をしました。
Felica対応の端末全てで使えるかと思いきや、最新の902i(しかもD除く)でしか使えないとの事。
これは改札を駆け抜ける速さにFelicaの性能が追いつかないからというわけですが
何年も前から開発構想があったのならその辺の性能問題はキャリアと整合をとった上で
対応端末の数を増やすなりなんなりして解決してほしかったというのが本音です。
さらに、JRのビューカードを作らないと入金が出来ないという体たらく。
ビューカード、誰がもっとんねん!?
そもそもモバイルFelicaでは「たくさんあるカード類をケータイに一まとめにできる」のがメリットだったはず。
モバイルSuicaを使うためにビューカードを作らなきゃいけない・・・本末転倒じゃないでしょうか?
いちいちビューカード作るなら今までのSuicaを使い続けるっちゅう話です。
確かに、電車に乗っている間は携帯電話をいじっている人がすごく多いのに驚きます。
携帯電話をいじりながらスッと改札を通れることを考えるとその利便性も認めることが出来ます。
ただ、ただよ、そのプロモーションの仕方と利用手続きが気に食わんのですわ(なかばキレ気味(笑))
モバイルSuicaがサービスインしたその日に自動改札に広告を載せてアピールしたKDDIはまだいいとして
対応端末の不備が多いDocomo、そしてビューカード使わないといけない制度を振り回すJR、
自分たちの顧客を囲い込むことに必死になってユーザのためのサービスを生み出そうという
視点が抜けてしまってるような気がします。
企業は設けるのが仕事、ですがそれもユーザあってのことです。
少子高齢化と人口減少に歯止めがかからなくなってから気づくのでは遅いんじゃないの!?

「モバイルSuicaがナンボのもんじゃい?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です