NZ Report vol.2

東京からソウルの仁川を経由してオークランドへ。
トータルフライト時間は約14時間。
◆8:00~ 南太平洋上
———————————————————————-
午前8時ごろに目が覚め(起こされ?)たものの、妙に眠い。
それもそのはず、日本時間はまだ5時ごろなわけで、普段ならまだ寝てる時間です。
初めての機中泊でしたが、昨晩のビールが効いたのか思ったよりもよく眠れました。
窓の外は南太平洋の空と太陽。南半球は秋の始まりのころとはいえ、まだまだ日差しは強烈でした。
蛇足ですが、大韓航空では食事の種類も選べたり、CAが3ヶ国語(韓国語・英語・日本語)を話せたりと
結構サービス内容が充実していました。STAR ALLIANCE MEMBERだったらまた使うんだけどなぁ…。
(僕はANA派です(笑))
◆11:30~ ニュージーランド(Auckland市街)
———————————————————————-
060430Date9_Christchurch_FromHoriken0006.JPG
約14時間の飛行を終えて無事にオークランド到着!
空港に到着してまず驚いたのは秋なのに日差しが強いこと!日焼け止め忘れちまった。。がっでむ。何はともあれ、機内でできた友人たちに別れを告げていざAuckland市街へ。
空港から市街地まではAirBusという青い循環バスを使って移動することができます。(片道$15。YHAパスを持ってれば片道$13。往復で買うとさらにお得)
空港と市街地が離れているのはどこの国でも同じで(成田みたいにバカ遠くないですが…)オークランド空港からオークランド市街地までも約1時間ほどかかります。
車窓から見えるのんびりとした風景を楽しみながら約1時間でオークランド中心街へ到着。
到着したのが日曜だったためか人通りもあまり多くなく、公園に行くと芝生の上でみんなのんびり。いいですなぁ~、こんな暮らし。。
ちょっと遅めの昼食を済ませ(キャラメルフラペチーノとベーコンエッグパイ)、港のほうまで行ってみることにしました。オークランドはニュージーランド最大の都市ですが街自体はそんなに大きくなくまた坂も多いので日本の長崎とか函館の様な感じと言ったら分かりやすいかもしれませんね。
060430Date9_Christchurch_FromHoriken0009.JPG
◆16:30~ Auckland⇒Christchurch
———————————————————————-
しばらく市街地をぶらついた後、国内線に乗るために再び空港へ。
預けていた荷物を受け取り、国内線ターミナルへ移動(徒歩10分程度)。
国内線ターミナルは国際線よりはるかに混雑していてちょっとびっくり。
そりゃ日本と違って普通の土日ですもんね、当たり前といえば当たり前か。
国内線は国際線との乗り継ぎとはまた別個に予約をしておきました。
Webを使って英語のHPから予約&決済を行ったのですが、空港にある端末にカードを通すだけで
チェックインまで終わってしまいました。日本と同じですけど、人口の少ないこの国でも
ITは進歩しているんですねぇ~。
※外国の国内線を利用する際は、日本語のHPよりも現地語のHPから予約したほうがはるかに安いです!
チェックインカウンターの係員の人もとても気さくで「どう?元気?」と話しかけてくれたり
ゲートに行く際の説明も丁寧で、観光大国だけあってサービスレベルの高さを実感しました。
若干フライトが遅れましたが、無事にオークランドを離れ、クライストチャーチへ移動しました。
◆20:00~ Christchurch
———————————————————————-
クライストチャーチに到着。ワーホリでニュージーランドに来ている友人と久々の再会!
メールのやり取りを時々しているためか、極端に懐かしいという感じはありませんでしたが
やっぱり会えると嬉しいもんですね♪
お互いの第一声が同時に「元気?」というなんともくすぐったい感じでしたが元気そうで安心しました。
前にも書きましたが今回の旅行は、ニュージーランド国内周遊旅行をしている友人にあいのりする
というものなので貧乏旅行は必至。というより貧乏旅行ウェルカム(笑)というわけで泊るところは
当然ユースホステル(個人的には車中泊とかでも面白かったんですけどね)。
いつもは夕食を作っているとのことでしたが、今晩は外食。インド料理を楽しんでから宿へ。
(何で「インド料理か?」って?だってそこしかあいてなかったんですもん。しょうがないぢゃん。
 NZでは早めに店がしまってしまうのです)
宿で、ビールと日本から持参した柿ピーにて乾杯!
積もる話もありますが、明日の車中で話すこととして早めに就寝しました。
●本日の移動距離:約1,000km(Auckland⇒Christchurch)
●本日の移動手段:飛行機(国内線)
●本日の移動時間:1.5時間
nztrip007.jpg

「NZ Report vol.2」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です