一転!冥王星が惑星から降格

惑星が12個に増えるかも!?って衝撃が走ったのはわずか1週間弱前。
そして昨日、議論は一転して冥王星が惑星ではなくなったらしいです。

 太陽系の9番目の惑星とされてきた冥王星が”降格”し、太陽系惑星が8個になることが決まった。チェコのプラハで開かれた国際天文学連合(IAU)総会最終日の24日、「太陽系惑星の定義」ついて投票による採択が行われた。採択された新しい定義では、太陽系惑星は水金地火木土天海の8個に限定される。1930年に発見された冥王星が惑星の地位を失ったことで、太陽系の姿は76年ぶりに書き換えられる。
 採択で承認された太陽系惑星の定義は、(1)太陽の周りを回り(2)自己の重力で球形となった天体で(3)軌道上で他の天体(衛星を除く)がないこと-と規定している。
 この条件をすべて満たすのは、太陽に近い方から、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8個だけ。(3)を満たしていない冥王星は、小さな惑星を意味する天体として新たに定義された「矮惑星(ドワーフ・プラネット)」の1つとなる。
 冥王星は、細長い軌道の一部が海王星と重なり、他の8惑星の公転面に対して大きく傾いている。このため、多くの研究者が科学的な知見から「惑星とするには無理がある」としていたが、IAUは1999年に「惑星としての地位に変更はない」と発表した。
 しかし、海王星や冥王星より外側のカイパーベルトと呼ばれる太陽系外縁部で、次々と新しい天体が発見され、その1つの「2003UB313」は、冥王星よりも大きいことが判明。米航空宇宙局(NASA)が昨年夏に「第10惑星」と発表したことがきっかけで、惑星の定義がIAUで改めて議論されることになった。
 今月16日には、冥王星を惑星にとどめたうえで3つの天体を新たな惑星とする「太陽系12惑星案」が提示されたが、研究者の反対が続出。IAUは一転して、冥王星を外す「8惑星案」での決着を目指した。
 最終的な決議案には、8惑星を「古典的惑星」として冥王星などを「古典的ではない惑星」と解釈する道も盛り込まれたが、研究者による投票の結果、科学的にも明解で惑星の定義がシンプルな「8惑星案」が、多数の賛同を得た。

惑星が12個になってしまう定義だと、これからも余計な天体が惑星とみなされる恐れがありました。
個人的には今回の決定は妥当な線だったと思います。確かに冥王星という呼び名がなくなるのは寂しいですけどね。。
そもそも冥王星はその直径が小さいだけでなく、公転軌道も他の惑星に比べて大きくずれており、惑星としては異端児でした。今回の決定によって、正式に惑星ではなくなったわけですが、矮惑星というよりも、小惑星の部類なのかなぁ・・・って思いました。
でも2003UB313みたいに冥王星の外側を公転していて冥王星より大きな天体もあるし、太陽系にはまだまだ謎がたくさんあるんですねぇ~。僕が書いた修論の続き、誰がやってくれてんだろ???

「一転!冥王星が惑星から降格」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です