ヴォイストレーニング初体験

2週間前の音楽祭がもうずいぶん前の気がする、そんな急激に冷え込んだ本日、
アカペラユニットのメンバーでボイストレーニングなるものに出かけました。
メンバーのうち女の子2人は以前受けたことがあるらしいのですが僕は初体験ということで
少々緊張しました。グループレッスンということなのでいろんな人がいる中でイキナシ歌うなんてのは
少々肝が据わっている人でも難しいもんです。
でも先生(大阪のおばちゃん)の楽しい話と自然な教え方を聴いていたらいつの間にか緊張が取れていました。
自然にリラックスして力を抜いて声を出すことが大事だそうな。何も大きな声は必要ないとの事。
今まで高い声を出すときにめちゃくちゃ力んでいた僕としては画期的でした。
だらーっとしてても高い声って出るんですねぇ♪驚きです(^^)
レッスンが終わった後、聴いてくれてたほかの生徒さんから「感動しました」なんていわれちゃいました。うへへ♪
よくその場の雰囲気を支配するとか、相手を飲み込むとか、肚(「腹」じゃないですよ)が座るといいますが
ヴォイストレーニングの先生はその場を支配する「ふわっ」とした雰囲気を持っていました。
ああいう雰囲気出せるようになりたいですね♪
さてさて、僕らの次の持ち歌はまだ決まっていませんが
そろそろ次のステージに向けて動き出したいところです。
備忘録として本日のポイントを記載しておきます。
・「へぇ~」という感嘆を上げるような声をながーく伸ばして発声練習
・歌うときは歌詞の意味を考える。作詞家の気持ちを想像する
・歌うことで今の自分の気持ちの何を伝えたいのかをイメージする
・高い音は頭頂部から抜けるようなイメージ
・低い音は胸全体を響かせるイメージ
・全身の力を抜いて口はしっかりあける
・「歌うまいね」ではだめ「いい歌だね」と言われるぐらい気持ちをこめて歌う
Technoratiでタグ検索,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です