【ニュース】JALの新規経営指針

JALが新規サービス向上策を発表したそうな。
国際線の路線変更、国内線へのファーストクラス導入など、ユーザーから見ると
魅力的なサービス展開が計れているように一見思えますな。
ただ、内容を見ていくと結局それはANAのモノマネに過ぎないことがわかってきます。
国内線ファーストクラスは、ANAの「SSP(スーパーシートプレミアム)」と同様の位置づけ。
SSPが追加料金5,000円に対し、ANAファーストクラスは追加料金10,000円。
競争力で負けている競合他社よりも高い価格を設定してどうするのよ?
また、費用削減策として従業員の給料10%カットを引き続き行い、さらに人員削減を行うとしているが
そもそも論として縦割り組織と複数の労働組合の組織改革はどこへ行ったんだ?
現在のJALの体質を見ていると、組織改革が最大の懸案事項。
それなのに根拠のない売り上げ増大施策と従業員を無視したコスト低減策を打ち出しても
今後もっと悪くなっていくだけなのでは?
企業体質を見直し、業績回復を行ううえでのActionの順番があべこべに見えるのは僕だけでしょうか?
ああいうTOPの下では働きたくないですね。
現在株価は一時的に上昇していますが、また下がるでしょうなぁ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です