音の胎動


今年一発目の打ち合わせを行いました。
といってもカラオケでどういう歌が自分たちに合いそうか、どういう歌が歌ってて気持ちいいかといったのを調べる感じ。
ある程度方向性は決まりましたが
いまさらながら自分自身に一番足りてない部分であり、この部分を一番強化しなければいけない部分を
テレビ(歌スタ)を見てて気づいたので忘れないように書いておきます。
歌は「上手い」じゃだめなんですな。
歌い手の気持ちを歌に乗せないと、聴き手には伝わらんのです。
まだまだ自分の歌は所詮カラオケがそこそこ歌える程度。
歌詞の気持ちを理解してその気持ちを聞き手に伝えられるように
いろんな経験をつまなければいけないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です