【本】椿山課長の七日間

浅田 次郎 / 朝日新聞社(2005/09/15)
Amazonランキング:25312位
Amazonおすすめ度:

さすが浅田先生。
すごく大好きな作品
都合の良いストーリー


突然死を迎えた中年男性が絶世の美女になって3日だけ現世にもどる…そこで思い残したことを果たそうとするが・・・。
もしかしたら知らなかったほうが良かった真実。
だれでもそんなもののひとつや二つはあるかもしれませんね。
でも、”知らなかったほうが良かった”ものなんて多分ないんだろうな、と思わせてくれる一冊です。
休憩なしに一気に読みました。

【本】リクルートのDNA

江副 浩正 / 角川書店(2007/03)
Amazonランキング:1122位
Amazonおすすめ度:

リクルートという物語
私なりの読み方ですが
起業ではなく企業が分かる。


リクルートを創設した江副さんの書。
この本から学ぶべきところは、かいつまんであげると
・プロフィットセンターの重要さ
・ボトムアップの提案が出来る風土
・不採算事業撤退の決断力
・当たり前のことを愚直に行う素直さ
かと。
本当に
「社会人として当たり前と思うこと」
を愚直なまでに実行することでリクルートという会社が成長してきたことが良く分かります。
絶対に一度目を通すべき一冊です。

【駄本】鈍感力

渡辺 淳一 / 集英社(2007/02)
Amazonランキング:58位
Amazonおすすめ度:

エロ小説家の戯言
眠れる大人
根拠が無い!


久々に”売れている本”とやらを手にとってみました。そして心底後悔。
・論点が絞れてない
・話が飛ぶ
・言いたいことはわかるが方法論がない
とまぁ久々に駄本にあたりました。
書いてあることも当たり前ですでに分かりきっていること。
何でコレが売れるんだ?世の中なぞだらけですな。

閉じた状態

GWから身体を壊し、なかなか回復しない今日この頃、こういうのを五月病とでも言うんでしょうかね?
現状、わたくしここ数年にないくらいCLOSEな状態です。
仕事、プライベート、
やりたいこと、やるべきこと、自分の存在意義
話したいこと、話せないこと、本当の心・・・
どこかが大きく捻じ曲がり、バランスを崩しかけています。
伝えたいことが伝わらないならまだいいんです。
伝えたいことが分からないのか、どこかで我慢しているのか?
そもそも誰かに何かを伝えたいのか、それすらよく分からない。
こういうCLOSEなときは、対処法を持っているとよいわけですが、
僕の対処法は
・人との接触を絶つ
・とにかく泥のように寝る
・仕事に全力を傾けて全てを忘れる
です。もうひとつくらい何かほしいなぁ・・・

医療業界への貢献

体調がまったく回復しないので、会社を早退して病院へ。
元々喘息持ちなので、季節の変わり目には体調が崩れるのはいつもの事なんですが。。
今回は胃まで変なのでちょいと勝手が違うようです。
診察によると、ノロウィルスの可能性もあるとか?参りました。
そして、この三日で医療に掛けたお金は、
診察代、薬代合わせて一万円超…。そりゃお金もなくなりますわ。
将来設計を考えると、保険プランとかを見なおさないといけないようです。

うーむ・・・

疲れすぎでしょうか?
GW中に発熱し、いまだに熱が下がりません。
病気になっても気力は下がらないんですが、今回は何年かぶりに気力を持っていかれました。
発熱+咳+胃痛ってのは流石につらいですな。
そして会社は休めない・・・。
今週末は結婚式でアカペラ&テニスの試合。
明らかに高負荷。全く余裕がなく、限界を超えつつあります。
ちょっと日常を見直さないといけませんね。