【本】そのときは彼によろしく

市川 拓司 / 小学館(2007/04/06)
Amazonランキング:298位
Amazonおすすめ度:

3本目の映画化
よかったです☆★
何だか心が ぽっと あたたかく


『いま、会いにゆきます』を著した市川拓司の作品。
3人と一匹の主人公たちと、彼らを取り巻く人々の長い長い物語。感じるのは、緩やかに流れていく時間。
「なんて静かで、悲しく、切なく、そして美しい物語なんだろう」
素直にそう思いました。
・この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある
・ぼくらはばらばらではなくみんな繋がっている
・誰もが誰かと誰かの触媒であり、世の中は様々な化学反応に満ちている
・・・
「信じているからこそ、お互いを感じることが出来る」
とてもシンプルだけど忘れてしまいがちなこのことを思い出させてくれます。

ひとりよがり

どうしてこんなに上手くいかないのか。
というのは誰もが思ったことがあるものでしょう。
客観的にみると、こういう気持ちは「どうしてこんなに頑張っているのに」という
そこそこ主観的な感情から来ているのではないかと予想できます。
となると、解決策は「今以上に頑張る」か、逆に「肩の力を抜いて頑張らない」の2つにひとつ。
さて、自分はよく周りから「頑張りすぎ」と言われたりしますが
果たして本当にそうなのか最近よくわかりません。今、まさに「上手くいかない」ことだらけ。
自分の目標が高すぎるのか、努力が全く足りないのか、頑張らないほうがいいのか、まじめすぎる性格が災いしているのか・・・
方法論はさておき、結果としていろいろな歯車がずれてきているのは事実。
ほんの些細なことで喜びだったり嬉しさだったりそういう気持ちを感じたのが
遠い昔のような気がします。
誰かに教えてもらうもんでもないですが。。さてどうしたもんか。

【本】不動心 -松井秀喜-

松井 秀喜 / 新潮社(2007/02/16)
Amazonランキング:3552位
Amazonおすすめ度:

努力のしかた
大成の礎
超一流の人は何かが違う


いわずと知れた日本を代表する大打者の著。
昨年のシーズン中に左手首を骨折し、それをきっかけに筆を取ったとの事。
・人間万事塞翁が馬
・努力できることが才能である
・柔軟な発想
どんな本にでも必ず一度は出てくる言葉たち、それがたとえありきたりな言葉でも、
“松井秀喜”という人物がそれを口にするだけでものすごい重みを持ちます。
星陵高校、巨人軍、ヤンキース・・・
その中で絶えず光を放ち続ける彼だからこそ、ひと言ひと言が説得力を持つのでしょう。
どこぞの教授の書いたえらそうなビジネス書よりもよっぽど分かりやすくて参考になります。

ボイストレーニングにて

楠瀬誠志郎さん主催の体験ボイスレッスンに行ってきました。
ボイストレーニングは、「歌が上手くなる」ためのボーカルトレーニングではなく
自分自身の本来の声を出せるようにするためのトレーニングだそうで。
(友人の紹介でいったものですから不勉強なままいってしまいました(笑))
いい声というのは、きれいな声ではなく、通る声であったり響く声であったり、なんかそういう類のものらしいです。
そのためにまず何をやったかというと、、、
ひたすら背中のストレッチ!!
背中の筋肉を緩めてあげることがいい声を出すための身体作りの第一歩だそうな。
ストレッチするのが大事とは思っていましたが、
僕は今まで骨盤・股関節・腹筋周りを意識していたのでこれは新しい発見でした。
体験レッスンだったので本来4箇所の筋肉を緩めるためのストレッチを今回は2箇所に短縮して実施。
そして、、、受講生の中で一番激痛にのたうち回っていたのが僕でした(笑)←いやいや、笑えん痛み。
普段からテニスによって背筋を酷使している&仕事はパソコンと向かうか外を回っているかで背中を酷使。
さらに、持病の椎間板ヘルニアで背骨がゆがんで筋肉に負担がかかり放題なので
背筋の緊張度合いといったらとんでもないものでした。
一通りほぐされた後は完全に魂が抜けたような感じ・・・。
背筋を緩めることで、上半身が安定するし、姿勢も良くなるし疲れにくくなりそうです。
上半身が安定するってことはテニスでも全てのショットを効率よく打てるようになる、
なんて勝手に思い込んでいます(笑)
しばらくサボっていた整体にもこれからまた通って背中を良くほぐしてもらおうと思います。

ビューティボイストレーナー National フィットネス ジョーバフィット マッサージチェアー

【DVD】椿山課長の七日間

/ ジェネオン エンタテインメント(2007/06/08)
Amazonランキング:187位
Amazonおすすめ度:

大変心地良い気分になる作品
原作ファンも満足
「地下鉄に乗って」がイマイチだったので心配していたのだが・・・


浅田次郎原作の映画版、原作がとっても良かったので早速借りてみました。
率直な感想は
「4時間あればもっといい映画だっただろうなぁ」
浅田次郎の原作は、登場人物一人ひとりの人生・それぞれの細かい気持ちまで見事に表現していて、
活字から気持ちがどんどんあふれ出してきます。
それだけの作品を2時間弱に収めようとするといくら映像と音楽を駆使しても難しいのかもしれませんね。
一番のお勧めは、DVDを見た後に原作を読んでみることですが、
すでに原作をごらんになった方でも原作と違った視点でも十分楽しむことが出来ますよ。

聴けば聴くほど・・・

通勤時間はもっぱらiPodで音楽を聴きまくっているわけですが
何度聴いても何度聴いても飽きない曲ってのがやっぱりたくさんあります。
僕の場合、「あ、コレいい!」と思った曲はすぐに聴き飽きるけど
「ビミョ」って思った曲が意外と聴けば聴くほど味が出てきて好きになるパターンが多いです。
そういう曲が詰まったアルバムを友人が紹介していたのでトラックバックもかねて(笑)

Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史 / トイズファクトリー(1994/09/01)
Amazonランキング:8351位
Amazonおすすめ度:

的確なポップソング
ミスチルの青春時代
ミスチル全盛期のアルバム


リリースされたのはもう10年以上前。でも聴けば聴くほど味が出る名曲がずらりと。
ポップチューンからブルージーな曲まで、シングルカットをしないからこそのたくさんの味が詰まっています。
個人的なお気に入りは「雨のち晴れ」ですな。

スガシカオ / BMG JAPAN(2007/01/24)
Amazonランキング:264位
Amazonおすすめ度:

やり場のない閉塞感
10年のすごい軌跡!
シカオの初めての完璧なベスト!!


聴くほどに味が出る曲、僕が思うにスガシカオの曲に多いようです。
先日ベスト版がリリースされたばかりですが、シングルばかりにもかかわらず何か残る感じの曲が多い。
決して1位に上り詰めるわけではないけど、一回リリースすると息の長いセールスを記録します。
こういう地力を持ったミュージシャンの曲は魂というか力というか、そういうのを感じられるので
聴いててとても気持ちがいいですね。ぜひともライブに行ってみたいです。

【本】しゃべれども しゃべれども

佐藤 多佳子 / 新潮社(1997/08)
Amazonランキング:181060位
Amazonおすすめ度:

自分を良いと言ってあげたい
成長+恋愛ドラマ
落語を隠れ蓑にした現代恋愛小説


国文太一主演で公開中の映画原作。
自分を表現することが苦手で世の中に上手いこと溶け込むことが出来ずに悩んでいる人たち、
そんな数名に主人公である噺家の青年が落語を教える、というのがこの作品の大まかなストーリーです。
主人公を含め、悩んでいる人たちがどうにかしてそれを乗り越えていく様も見所ですが、
自分に対してどこで「コレでいいんだ」という決断をつけることが出来るかを読み手にも問うている一冊だといえます。
無理をせず、肩の力を抜いて自分自身を許してあげること、簡単に出来る人もいるでしょう。
僕自身にも圧倒的に「良し」が足りないんだなぁと実感した一冊です。