【本】黄金の島 -真保雄一-

真保 裕一 / 講談社(2004/05)
Amazonランキング:80837位
Amazonおすすめ度:

東南アジア独特の熱気と喧噪、混乱がとてもよく伝わってくる
ちょっと長い・・・
混沌、錯綜


身内のヤクザに命を狙われ、国外逃亡をする羽目になったヤクザ。
彼は逃亡先のベトナムで信じられない現実を目の当たりにする・・・。
途上国が経済成長を続けている現代でも、
この本に描かれているような闇の部分というものは存在するようです。
植民地時代の抗争に根ざした貧富の差や、そこで暮らす人々の夢と現実・・・。
シクロ乗りの少年たちを通してベトナムの現実が描かれています。
ベトナムにいったことのある人、行く予定のある人はぜひとも一度読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です