【Live】TRY-TONE

TRY-TONE / ポニーキャニオン(2002/11/07)
Amazonランキング:35124位
Amazonおすすめ度:

松永ちづると渡辺愛香の2人だけで歌われる「Everything」の完成度の素晴らしさには本当に感心しましたし、感動しました。
日本最高級の高みをPOPSで知ると、この曲はこんなに凄かったのかと知る
心がじわーとあったかくなります。


朝からアカペラの練習 → 昼から整体 → 夕刻バンドの練習
と、ハードなスケジュールをこなした後、
シメは横浜でアカペラユニットTRY-TONEのライブに行って来ました。
アカペラ、ある縁があって1年ほど前からはじめたのですが
ものすごい奥が深い。そして今日、その奥深さの底がどこまでも深いことを思い知らされました。
アカペラユニットと聴いてみなさんがよくご存知なのは
ゴスペラーズでしょうか。そのほかにも、男女混合のユニットでは古いものではサーカスとか
洋楽ではBoyz Ⅱ Menであったりとかたくさんのユニットが知られていますね。
それぞれがすごく上手くて売れまくっているのはご存知の通り。
しかし今日TRY-TONEの生の声を聴いてからは今まで聞いてたアカペラは
一体何だったんだろうというほどの衝撃を受けました。
「上手い」とか「ハーモニーがきれい」とかいう次元では語れない音楽を
目の当たりにして、全身を鷲づかみにされました(笑)
文字にすると陳腐な言葉しか出てこないのでここには正直かけませんが、
人間の声だけでこんなことが出来てしまうのかという音でした。
コンサートに行って魂を持っていかれたような感覚に陥ったのは
初めてでした(笑)
とにかく一度、聴いてみて下さい。
ライブに行くのをお勧めしますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です