初体験-自社キャンペーンのビラ配り-

本日、初めて自分の会社のキャンペーンのビラ配りというのをやりました。
正直、「バイトにやらせりゃいいじゃん」と思っていました。
われわれ社員がビラ配りという仕事に従事するのと外注するのとでは
費目の見え方が全く違うだけでかかっているコストは社員にビラを配らせたほうが何十倍もかかるはずなんです。
内部コストとして埋没させて外注費を計上したくないだけでしょ?
確かにそれは事実でしょうが、やるからにはちゃんとやらないともったいない。
というわけで、弊社の別事業所(家からチャリで10分)の食堂にお邪魔してビラを配ってきました。
名づけて、「光接続最大2万円キャッシュバックキャンペーン!」
昼食時ということもありものすごい人出で、最初は受け取ってもらうのに苦労しましたが
なれると意外ともらってくれるものですね。
さて、ここで気づいたのが(というか思い出したのが)、『ビラ配りは営業の超根本だ』ということ。
・知らない人に声をかける
・自分たちの商品をアピールする
・受け取ってもらう(or 買ってもらう)
この3つのプロセスをわずか数秒のうちに実現しなければなりません。
もっともシンプルでかつ難しいセールス行為だと思います。
いかに短時間でアピールするかが一番のキーポイント。
自分なりにやってみて気づいたことや、工夫したことを忘れないように書いておこうと思います。
・声は大きすぎず
・わたす相手の目を見ると結構受け取ってもらえる
・「いまだけ」とか「キャッシュバック」とか「だれでもOK」とかを連呼すると良い。
 (※「社名+キャンペーン実施中でーす」では弱すぎて受け取ってもらえない)
・笑顔必須
他にもありますが思い出してから書きます。
初心にかえった気分になって結構楽しめました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です