【本】ガンに生かされて

飯島 夏樹 / 新潮社(2005/03/30)
Amazonランキング:81166位
Amazonおすすめ度:

生かされている自分、「生」の授業
飯島さんの受けた試練に比べればと勇気付けられました。
生きることの意味と人間の価値を考えさせられる


2002年に余命宣告を受け、2005年に若くしてこの世を去ったプロウィンドサーファーの著。
著者は映画「Life 天国で君に逢えたら」の作者でもある。
生きとし生けるもの全ては必ず”死”を迎える。近かろうと遠かろうとそれは必ず誰にでも訪れるものです。
その”死”に対し、素直に向き合っている著者の心がありありと描かれています。
ある本に書いてありました。
“ガンは不治の病だけど、死にいたる準備の時間をくれる”と。
もし自分が余命を知るとしたらその後どうやって生きるでしょう?
健康体の今現在に余命を知るのと、不治の病になって余命を知るのは、余命の長さが違うだけで実は何も変わらない。
だからこそ、一日一日が一生だと思って満足を得られるよう生きていこうという気持ちにさせてくれる一冊です。

不器用な人のための効率化方法

最近常々思うことですが、というより知っていたけど再確認したことですが
僕はものっすごっく時間の使いかたがへたくそーです。
そのため本日も休日出勤・・・
目の前にあるものをひとつずつ片付けようとするからこうなるのでしょうが、
一つ一つこつこつやらないと前に進めない正確なのでコレばかりはしょうがないかな、と。
さて、こんな感じなので改善せにゃいかんということで取り組んだのが今年最初に試みた早朝出勤です。
しかしコレが見事に失敗(笑)は焼く出社してもつぎつぎにやることが出てきて結局帰りは終電・・・
始めて3ヶ月で体調を崩し、結局元に戻しました。あはは。
とりあえず、今は時間単位でスケジュールをきろうと考えていますが、他にいい方法ありませんかねぇ?
短い睡眠時間であっという間に疲れが取れる身体になったりしないかな??(笑)

【本】リクルートのトップ営業マン日記

高城 幸司 / 中経出版(2007/05)
Amazonランキング:57512位
Amazonおすすめ度:

泣けてきた
仕事の報酬は仕事


リクルートで6年間トップセールスを誇り、現在は株式会社セレブレインの社長をしている高木さんの著。
その辺に転がっている評論が先行するような営業本とはわけが違う。
経験をそのまま書いてあるから重みがありますね。
「仕事が仕事をつれてくる」
「キーマンと仮説」
など、普段から意識はしているがなかなか実践できないことが実体験を元にかかれています。
とても参考になります。
二度三度読み返したいですね。