年末のまちなみ

DVC00077.jpg
大晦日の本日、今年も地元には帰らないのでせっかくなので写真を撮りに出かけました。
向かったのは日比谷公園。今年から始まったあたらしいイルミネーション、東京ファンタジア
(単純に、僕自身が担当しているお客様がこのイベントの主催だったというのもありますが(笑))
年末なので都内にたくさん人がいるというわけでもなく、イルミネーションにしてはものすごい人出というわけではないのが
人ごみが苦手な僕にとっては好都合。日没後の一番キレイな時間を撮影することが出来ました。
さて、イベント主催が放送局、ということで、年末のテレビ番組を色々と見てみると世の中の流れというか
2007年の世相みたいなものがちらほら見える気がしました。
——————————————————————-
<テレ朝>
生放送で雑学クイズを行いながら年越し。テレ朝は例年以上に報道色(お堅い感)が強まった気がします
<NHK>
懲りずに紅白歌合戦。どー考えても視聴率は低下の一途。そもそも見ている人はいるのか?
<TBS>
年末格闘技。他局は既に足を引いた年末格闘技にまだ固執している模様
<日テレ>
26時間テレビの中で、ガキの使いを放送。数年前から続く「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。
そこそこ面白いが、そろそろ飽きてきた。
<フジ>
クイズ(?)形式の番組の後、裏でのつながりをうわさされる舞と事項例ジャニーズイベント@東京ドーム
<テレ東>
ハッスルプロレス。年末格闘技から完全に方向がずれている。見る気起こらず。
——————————————————————-
各局色々やっていますが企画がショボイですな・・・。放送局の本業は、放送によって人の目をひきつけ
その中で広告を配信して広告主へ還元をすることのはず。
そもそも年末年始にどれだけの人がテレビを見ているか・・・そういう根本的なところに立ち返って考えると
番組企画に固執するのではなく別の方法を考える必要があるのでは、と思うわけです。
そういう意味では、クリスマスから新年にまでかけて行われた東京ファンタジアは放送局が主催しているという意味で
一つの世の中の流れを映し出しているのかもしれません。
2007年を象徴する文字が「偽」であったのことが影響しているかどうかは分かりませんが
放送される番組は「迷」に満ちていた気がします。
2008年は方向をしっかり決めて突っ走っていける日本であってほしいですね。

【インテリア】照明テクニック

CIMG1495.JPG
本屋で暇つぶしに立ち読みしていたインテリア本に
いろいろな照明の使い方が載っていたので早速実践してみました。
・テーブルに大き目の布をかけて下からライトで照らす。
 → フロアライトはもともと持っていたので、不要になったカーテンを少し切ってテーブルクロス代わりに使うといい感じに。
・観葉植物を下から照らす
 → もともと持っていたクリップライトを植木鉢の縁に取り付け、下から照らすとリゾートっぽい雰囲気に
・テレビの後ろの壁を照らす
 → 暖色系の蛍光灯を買ってきて壁を照らすだけでテレビを見るときの目の疲れを軽減
このインテリアの変更に使ったお金は、暖色系蛍光灯の2100円のみ!
コレだけで部屋のイメージがガラッと変わりました。
寝る前のくつろぎ空間と普段過ごすリビングの双方を簡単に演出できるところがいいですね

スポットシーリング”Oval ” SPOT SPOT 6灯 アジアン照明バンブー天井照明(M) SEN 照明デザイナー 谷俊幸

クリスマスに大風邪

先週引いた風邪がまったく治る気配が無く・・・(薬は飲んでいるのですが)
今週は3日しか出勤できませんでした。
(どうも気管支炎を併発しているような・・・)
そして本日咳が止まらない中4時間ぶっ続けの打ち合わせで呑み会にもいけず・・・(T_T)
ただ、現在でかい提案を年明けに控えているので打ち合わせでも血が騒ぐのが分かり、
幸いにして気力はバッチリ持ちこたえています。
明日から3連休、ずっと寝てしっかり治そうと思います。

音楽が引き起こす記憶

GLAY / ポニーキャニオン(2002/09/19)
Amazonランキング:4080位
Amazonおすすめ度:

GLAYの良さ
大好き!!!
優しいメロディ


部屋の掃除ついでにCDを整理していたら、久々に見るジャケットが。
実は大学2年ぐらいからずっとGLAYが大好きで、リリースされるごとにすぐにCDを買っていました。
社会人になってからもしばらくは続いていたんですが、いつの間にやら聞かなくなっていまして。。
このアルバムが出てきたついでに他のアルバムもiPodに取り込んでやれと
取り込みながら聞き流していると、本当に憶えていないことに驚きました。
20歳を過ぎると記憶力が鈍っていくもんですが、こんなにところにも現れるもんでしょうかね。
ただ、1998年ごろの曲は今聞いても当時の大学生活の思い出がすぐに思い出せるので
多分大学院~社会人1年目のころはあまりGLAYを聞かなくなっていたんではないかと。
確かに社会人1年目とかは全てが新しくて変化ばかりが続いて、
音楽を落ち着いて聴いていられる余裕も無かったかもしれません。
1998年ごろの曲は大学2,3年頃の思いを引っ張り出してきてくれます。
そのぐらい音楽と日常が密接に絡み合っていたのかと思うとちょっと驚きですね。
社会人となった今、めまぐるしく動く日常に流されて、記憶を呼び起こすほどの音楽とのつながりは
なくなってしまっているのかもしれませんが、来年ぐらいは気持ちと音楽をリンクさせるぐらいに
肩の力を抜いて落ち着いてやっていこうと思います。

風引きさん

今年はGW明けに胃腸炎でダウンして以来風邪は引いていなかったんですが
やってしまったようで。。。鼻づまり、喉の痛み、若干の咳。。正真正銘の風邪ですな。
自分の身体の弱さはよーく自覚しているのですが
今回はちょっと変わったパターンの風邪です。
いつもなら、喉の痛みを通り越して直ぐに気管支炎になるか
ものすごい数の口内炎が喉一面に出来て微熱が出る
という2パターンなんですが、いまさら普通の風邪パターンとは、嬉しいやら悲しいやら(笑)
でも普通の風邪だからこそ薬も効くんじゃないかと。
しっかり薬を飲んで寝て治そうと思います。
しかし、インフルエンザの予防接種してて良かった・・・
してなかったらもしかしたら今頃インフルエンザかも・・・?

目標設定の真実

2007年、今年ももう終わりに近づいています。
まだクリスマスが残っていますが、簡単にレビューとやらを。
今年の感想、それは「とにかく速かった」です。
一昨年からこのBlogで目標設定とフィードバックを行っていますが
今年はとにかくそのサイクルが速かったですね。
テニス、アカペラ、ロックバンド、仕事、、他にも色々とやることがあり
土日丸々あいていたのは片手で数える程度でした。
さて、振り返ってみましょう(細かい振り返りはまた年末にでも・・・)
————————————–
・ 1月:アカペラユニット持ち歌1曲完成(One more day)
・ 2月:ギターユニット持ち歌1曲完成
     テニス調子調整&モチベーション向上
・ 3月:アカペラユニット課題曲一次コミットメント(マイルストーン)
  :テニストーナメント試合出場
・ 4月:情処受験(一応…)
・ 5月:実業団昇格
・ 6月:アカペラユニット課題曲2曲目完成
・ 7月:ギターユニット持ち歌2曲目完成
・ 8月:休みを取って旅行に行く(熊野古道?)
・ 9月:実業団昇格
・10月:ビジネスキャリア検定受験
   :テニス合宿
・11月:OTTO FESTA 2007♪
・12月:海外旅行?
■日課:一週間に2冊本を読む
   :一日一ヨガ体操(腰痛対策です…最近悪化気味なので)
   :毎日目標立てとフィードバックの時間を持つ(30分程度)
————————————–
かいつまんで振り返ると
・アカペラ ⇒ ステージ二つを経験(結婚式を入れると3つ)
        レベルがあがったかは疑問だが、やり方みたいなものは
        少しずつ見えてきた
・ロックバンド
      ⇒ ドラムを始めた友人に触発されてバンドを組むことに。
        腕は置いておいて、とりあえず楽しかった
・テニス  ⇒ 秋の実業団で昇格
・旅行   ⇒ GWにグランドキャニオンへ
・資格   ⇒ ビジネスキャリア検定合格
・日課   ⇒ 週一冊は継続中
        ヨガも時々実施中
なかなかの達成率ですね。
ただ一点見直さないといけないことが。
目標を達成する活動を自分自身が楽しんでいるかというと
今年は目の前にあるものをちぎっては捨てちぎっては捨てするだけで精一杯でした。
ということは、もう一度自分が「なにをしているときが一番楽しいか、どうなれると嬉しいか」
をしっかり見直しておく必要があるということ。
あるべき論ではなく、ありたい論で来年は進んで行きたいと思います。
(まだ20日近くあるけどね~~)

2008年用手帳

CIMG1492.JPG
2007年も残りわずかということで2008年用の手帳を購入しました。
2006年は小型のシステム手帳を使っていたのですが、どうも使い勝手が悪いので当時話題になっていた
ほぼ日手帳を購入。一年間使ってみた感想は・・・
「使いやすいが改善点が多々ある。」
です。
まず、様々なメモを間に挟みたい自分としては、
ぜひほぼ日手帳でもリフィル型(リングで閉じるやつ)を開発してもらいたい!
メモ本体がメインになりすぎていて他のカテゴリ(たとえば住所情報とか)を多くはさめないのが欠点ですな。
これを克服したらもっと売れると思うんだけど。。
個人的にはフランクリン・コーヴィーの手帳とすごく迷ったのですが、
手帳そのものを変えたからといって自分のやり方が変わるわけではなく
まずは現状の手帳を用いて様々な目標設定等を行える工夫を自分でやったほうが良い
と判断し、結局2008年版もほぼ日手帳に落ち着きました。
年間目標・年間スケジュール・月間目標とかを人目で確認して
フィードバックできるような方法をこれから考えたいと思います。
(あ、、それ以前に目標を考えないと・・・)

「7つの習慣」ウィークリー・リフィルコンパクトサイズ フランクリン・プランナー【 トライアルセット 】 スリムノート/ブックレットカバーケース フランクリン・プランナー活用ガイド

Review

とある勉強会に参加してきました。
勉強会自体は毎月開催されているのですが、仕事やらなんやらで参加できなかったり・・・
今回はビジネスモデルを丸裸にするというテーマでした。
営業をやっているのだから知っていて当然だろうと思われそうですが、
これ、意外と深く考えないと理解できないもんですよ、本当に。
新しい視点を持つことが出来たのと、知っていたけど忘れかけていたことの確認が出来て
とても有意義な時間でした。
<備忘録(キーワードだけ)>
 ・ビジネスモデルは、会社が上手く動いていくための筋書き
 ・顧客は誰か?顧客にとってのベネフィット(価値)は何かを明らかにすることが重要
 ・財務諸表を見るときは、同業他社情報と比較すること
 ・身近にあるものがどのようなビジネスモデルに乗っているかを考えると分かりやすい
 ・身近にある情報はまずは疑ってかかると、新しい真実が見えてきたりする