ポジ初体験


初めてポジフィルムで年始に撮り歩いた写真が現像からあがってきたので確認してみると、、、
あまりの鮮やかさに驚愕しました。
ネガから起こした写真とは全く違いますね!本当に驚きです。
すごくキレイだったのでその足で観賞用のライトボックスとルーペも購入。
結構撮り歩いたおかげでピントのずれはなくなりました。
あとは、現像後にもすぐ分かったのですが、露出がアンダーに出がちな傾向にあるということ。
特に夕暮れ時は建物が真っ暗に写ってしまいます。
どのような露出とシャッタースピードで撮影すれば最適なのかをこれからは意識して
撮ってみようと思います。

油そば-麺珍亭-

油そば・・・初めて食べたのは地元のラーメン屋。
初めて食べる妙なラーメンに驚きつつも、その味に感動したのを覚えています。
もともと発祥は東京とのことなので有名店の一つ、早稲田にある麺珍亭に外出のついでに行ってきました。
最初に食べたのが地元(福岡)の味だったので自分の中ではそれが本家になってしまっているのですが
本家は本家でおいしいですね。というかこっちがオリジナルか(笑)
ただ、これは東京の物価のせいでしょうが、大盛り1000円は高い!
福岡が安すぎるのかも知れんけど・・・
(ラーメンの平均相場:450円。500円を越えるラーメンは食べたくない!(笑))
たまに急に食べたくなるのでまたふらっと行ってみようと思います。
他にもおいしい店しってる人いたら教えてください♪

【本】メリーゴーランド -荻原浩-

メリーゴーランド (新潮文庫)
メリーゴーランド (新潮文庫) 荻原 浩

新潮社 2006-11
売り上げランキング : 51482

おすすめ平均 star
starお役所仕事に革命を
starこの作品を読んでいる間は幸せな気分にひたれる
star地方都市に未来はないのか

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「神様からひと言」の著者、荻原浩の作品。書かれたのは2年ほど前です。
「神様から~」を読んだときにも思ったのですが、本当にシュールです。
世の中というか、社会生活を送る中で本当に身近に存在する、だれにでも一度は経験のある
「もやっとした問題」を本当に上手く描いています。
主人公は、過労死続出の職場を辞めて地元の市役所にUターン就職した36歳の公務員。
平穏無事な生活をしていた彼は突然大赤字テーマパークの再建PJを任されることになる・・・。
過去の慣習にとらわれた人々、責任が降りかからないことだけしか考えない役人、自分の重いだけが先走って周りが見えていない市長・・・
小説の中で繰り広げられる役人ワンダーランドは、決して手放しで笑い飛ばせる世界ではないと思います。
役所だけがこんなにひどい環境だと思ったら大間違い。
大企業病という病に知らず知らずに蝕まれている現代の社会人全てに当てはまることでしょう。