九州旅行なのだ♪其の3

<8:30>
朝の岩風呂に入ろうとおもって早く起きるつもりでいたのが
結局この時間に目が覚めてしまいました(笑)
深酒で3時まで飲んでたのだからまぁ当たり前ですね。
<11:00>
若干くらくらする中で朝食をとり、シャワーを浴びて遅めに出発しました。
本日の目的地はメインイベントの高千穂峡です。
神々の住む処とも言われていて、秋~冬の早朝には雲海を見ることが出来るそうです。
南阿蘇の宿から車で約1時間、高千穂町に到着しました。
宮崎県と熊本県の県境にあるので、阿蘇からもすぐに行くことができるのが嬉しいですね。
宮崎県は南北に長く、学生のときは南の端にある青島というところでよくテニスサークルの
合宿をやったものです。ちなみに青島、巨人軍が毎年キャンプをすることでも良く知られています。
また、青島の海岸は鬼の洗濯板と呼ばれる遠浅の岩の海岸で、そこから少し足を伸ばすと
イースター島公認のモアイ像を見ることも出来ます。

さて話を戻して高千穂峡。
僕自身も、大学1年生のときのサークルの合宿帰りに行ったきりなので
ここを訪れるのはもう12年ぶりぐらいでしょうか(歳とったな・・・)。
螺旋のような坂道を下ると、断崖絶壁の間に川を見ることが出来る場所に出ます。
観光ガイドを見ると宮崎の部分では必ず紹介をされている場所ですね。
崖から流れ落ちる滝が川の流れを作っています。
残念ながら、梅雨の増水のせいで舟に乗ることはできませんでしたが
深い緑の空間を楽しむことが出来ました。

<14:00>
高千穂から再び南阿蘇にもどり、友人が一月前に行ってきたという地鶏専門店<六花亭>へ。
北海道の六花亭じゃないですよ!(笑)
この六花亭、場所が場所だけにほとんど知られていないようですが・・・
地鶏の味ときたらもう最高!
地鶏は生でも食べられそうなぐらい新鮮だし、
レバーはちっともぼそぼそしてないし(実は僕、レバーがだめなのです(レバ刺しはOK))、
親子丼は卵がとろけてそのまま自分もとろけてしまいそうでした(言いすぎ?(笑))
阿蘇にお越しの際はぜひ行ってみてください。
<15:30>
六花亭のご主人と女将さんにまた来る約束をして、今度は一路阿蘇山頂へ!
実は阿蘇はしょっちゅう来ているくせに、南側から山頂へのルートは通ったことがありませんでした。
そしてこの期に及んであまりものキレイさに絶句。。。
大観峰のような高いところから見下ろす壮大さもいいですが、山頂からすぐ近くにあるふもとの村を眺めていると
すぐ近くに見える深緑の大地に吸い込まれそうでした。
山頂に行くのは南阿蘇からがお勧めですよ♪

山頂の火口と草千里を眺めてのんびりしている間に、そろそろ帰りの飛行機の時間を
考えないといけなくなってきました。うーん、帰りたくない!
<17:00>
阿蘇の西側斜面から外輪山の中に降りたところにある阿蘇ファームランドでお土産の焼酎を購入。
(後で気づいたんですが、知らない間に原酒を買ってたようで、アルコール度数44%!!!
 頑張ってみんなでのもうね(笑))
レンタカーをちょうど予定通りの時間に返すと、いよいよ熊本ともお別れです。
みんなもちょっと疲れたような寂しいような顔。おいらもさみしい(T_T)
言葉少なに旅の楽しかった時間を振り返ります。

飛行機の時間まであまり無かったのですが、売店で乾杯用のビールを購入♪
飛行機に乗り込んで席を確保したところでみんなで乾杯!!
ものすごく楽しかった時間を一気に飲み干した気分ですね(どんなだ?(笑))
学生のときにこんな風に少人数で旅行をしたことが無かったので
この旅行は本当に楽しかったです。30を越えましたが、まだまだ気持ちは学生ってことでしょうか(笑)
またこのメンバーで癒しの旅に出かけたいですね♪
▼ここで、今回の旅のルートの画像をUP。

・ルート:
 熊本空港⇒阿蘇大観峰⇒九重夢大吊橋⇒黒川温泉⇒九重ラベンダー園⇒南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
⇒南阿蘇天文台⇒高千穂峡⇒阿蘇山頂⇒熊本空港
・総移動距離:約400Km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です