日帰り温泉~志楽の湯(@川崎)~

志楽の湯

家からさほど遠くないところにとても癒し系の温泉があるので行ってきました。
南武線矢向の駅から歩いて5分ほどのところにある志楽の湯です。

スーパー銭湯のようなジェットバスやジャグジーのようなものはありませんが
天然の温泉で、中はとても広く、サウナも完備。
風呂だけではなく、風呂から上がったところにあるオープンスペースがとても空いている上に
そこで注文できる野菜ジュースなどの手作り食品(おにぎりやお惣菜まである!)が
また全身を癒してくれます。

住宅街のど真ん中にあるので、あまり知っている人もおらず大体空いています。
おススメですよ♪今度行ったときにはマッサージも予約しようかなぁ。

大丈夫か!?裁判員制度

来年の5月21日から始まるという裁判員制度。

候補者へは通知が来週にでも届くということで、ドキドキしているひとも
いるのではないでしょうか。
「よくわかんねーけどかんけいなくね?」と思っている方、
裁判員にえらばられる確立は約1/300ですよ。結構高いのよ。
ということで週末のメディアはこのことでひっきりなしの模様。

さてさて、この制度の主な目的は
(1)一般市民の感覚を裁判に反映させること
(2)広く分かりやすい裁判となるようにすること
のようです。

日本は古くから「語らない事が美徳」とされる文化があり、そのためか
良いことを広めていこうという動きがとても遅い。そんな日本にあって最も重い(遅い?)と
思われる法曹界が腰を上げてこのような制度に動き始めたということは
とても良いことですね。

が・・・・裁判員の選ばれ方や選ばれた人の対応方法の流れを見ていると
穴だらけですな、正直。。

<裁判員の選ばれ方(超ざっくり)>—————-
[1]任期前年度の12月頃
  裁判員候補者名簿に記載がされたことが通知される。
  この段階ではすぐに裁判所へ行く必要はなく、調査票を返送するのみでOK。
[2]裁判の6週間前
  事件ごとに裁判員がピックアップされ、都度通知される。(この時点で呼び出しほぼ確定)
  質問表に記載して返送。
[3]裁判当日
  [2]で通知された裁判所に出廷。6人に絞られ、選ばれた6人が裁判員として仕事をする
—————————————————————–

とりあえず[1]はいいとして、[2][3]は明らかにおかしい。
そもそも裁判の6週間前通知が遅すぎますよね。たとえ[2]の時点で仕事や家庭事情等の
身辺整理をしたとしても[3]で外れる可能性もあるということ。

つまり、裁判当日になってみないと何も分からんということです。

裁判員は辞退することも出来ますが、仕事や家庭で特別な理由がない限り
辞退できないのが原則との事。
このご時勢、みなさんお忙しいところを「裁判員通知がきたから」というので
必死こいて調整した苦労が裁判当日に水の泡になる可能性もあるということです。

お上が作る制度は毎度毎度粒度が粗く、「細かいことは個別調整」。
まるでどこかの会社の名前だけで全く機能していないプロジェクト会議みたい。
そんな適当な制度ではかえって国民の不満を買いますよ。

記憶に残る広告 ~ぐるなび~

『忘年会が盛り上がる会社は、いい会社だと思う』

最近電車の中刷り広告で一度は目にしたことがある上の広告。
何か記憶に残りませんか?

珍しくいい広告だなぁと思っていたところ、ちょうど日経産業新聞に記事が載っていました。

~一部抜粋~
日本を元気にするというのキャッチコピーは企画担当のメンバーが強く推した言葉。
「経済の停滞感が広がる今だからこそ、会社や友人間での忘年会で盛り上がって
元気になってほしい」との考えから、心に響くようなインパクトのある言葉を選んだ。
 「忘年会が盛り上がる会社は、いい会社だと思う」というコピーはぐるなびの
恒例行事に由来する。
~中略~
同社にとって忘年会とは「『一年間お疲れ様』と『来年も頑張ろう』を仲間で共有する
大切な行事」社員同士のつながりが薄れがちな今、忘年会を通して企業組織の活力を
呼び戻してほしいとの思いもあった。

広告を店舗に張りたいというリクエストや、一般消費者からもポスターがほしいなどの
問い合わせが相次いでいるとの事。

忘年会であれなんであれ、お酒の力を借りてコミュニケーションをとり、それによって
組織の結束(誘引と貢献の生産プロセス)が強まっていくのはよくあることです。

日々忙しくてもうすぐ師走であることすら忘れてしまいがちな今日のビジネスマンに
ノミニケーションというすでに死語になってしまった言葉を再度思い起こさせるのには
十分な広告だったのではないでしょうか。

僕自身お酒を飲むのは大好きですが、会社の忘年会とかは実はちょっと苦手・・・。
でも「忘年会っていいよね」と思わせる力がこの広告にはありました。

さてこれから肝臓が心配になる季節。。皆さんも飲みすぎにはくれぐれもご注意を・・・。

Prieaサービス終了

priea
Prieaがサービスを終了するとのことです。
デジカメの普及と携帯電話でのカメラ利用率から考えると
ネット経由のプリントサービスが出てくるのは至極当然のことかと思いましたが
競合他社(フジフィルムなど:僕は年賀状作成のときに利用)は広告モデルでは
やっていませんでしたね。

ある意味斬新で便利なサービスだったんですけどね。
利用者から見ると、広告部分だけ切り取って使えば配るのにも便利ですし。

ただ、よく考えると、

◆広告を切り取られる可能性あり
◆広告スペースが小さい上にStaticなので訴求力にかける
◆そもそもリピートオーダーがない
 (ITの普及で、ネット上での共有と閲覧が当たり前になった)

ということから広告モデルは成り立ちにくいということなのでしょうね。

移行先のSnapfishは基本有料モデルの模様。
ポータル機能も備えていて、友達紹介で一部無料というサービスもやっているようですね。

でも年間でプリントを利用する時期って・・・多分年賀状の時期ぐらいじゃないかなぁ・・・
(そのほかは、自分でデータを写真屋に持ち込むことが多いかと)

でも事業化したことはすばらしいことだと思います。
事業化したい意思があってもリスクばっかり見て何もやらない企業がたくさんあるのだから・・・

京都旅行なのだ♪ 其の参

◆10:00@祇園
———————————————–
富久家旅館のおいしい朝食を堪能してから
祇園四条駅へ。
(今日は駅を間違えませんでした。当たり前やけど(笑))

京阪線の駅に向かう途中に、すごく趣のある町屋通りを発見。
そこにおいてあるポストがまたレトロでいい感じなので思わず一枚。
んー。。もっと上手く構図を取れるように勉強しよう・・・

◆11:00@一乗寺下がり松~詩仙堂・圓光寺
—————————————————————–
京阪線で出町柳まで行き、そこで叡山電鉄に乗り換えます。
この叡山電鉄がまた路面電車のちょっと近代バージョンのような感じで
とてもいい感じでした。このあたりで雨が降り始め・・・気温も徐々に低下。
紅葉が散らないように祈るばかりです。

叡山電鉄の一乗寺で下車。駅から東に10分ほど歩くと、
まず宮本武蔵と吉岡一門決闘の地である一乗寺下がり松が見えてきます。
ちょうど、漫画のバカボンドでも武蔵と吉岡一門の決闘が描かれているので
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

さてその一乗寺下がり松からさらに5分ほど歩いたところに詩仙堂があります。
見事な紅葉を見ることができ、室内から見るのも、庭園に下りて見るのもどちらでもOK。
獅子おどしならぬ鹿おどしが快い竹の音をひびかせていて、とても風流です。

 

詩仙堂から歩いて3分ほどのところにもう一回り大きな庭園である圓光寺があります。
家康が学校として建てたのが最初らしく、宝物殿には色々な書籍がおいてありました。

詩仙堂よりも二回り以上大きな庭園の地面一面に散った紅葉が敷き詰められ、
紅葉のじゅうたんを作っていました。風が吹くたびに紅葉が雨のように散っていく姿は
春になって桜が散っていく姿に似ているものがあり、なんとなく憂いを感じさせるものが
ありますよね。ぱらぱらと降ってくる雨が風流な雰囲気をさらにかきたてていて
いつまででも眺めていたい気分になりました。

◆13:00@ラーメン高安
——————————————————–
おなかがへってきたので、駅の反対側にある有名店、『高安』へ。
一乗寺ってラーメンの激戦区だったんですね。知りませんでした!
京都のラーメンで食べたことがあるのは『ますたに』(しかも東京で・・・)
だけだったので、どんな味がするかとても楽しみ。
駅を通り越して歩いて10分ほどで、行列のある店が見えてきました。
雨にもかかわらずこの行列。期待大です♪15分ほど待って店内へ。

店の中はラーメン屋と思えないほどスタイリッシュ(というか、Girlish)な
感じで、どちらかというとカフェの趣き。

ラーメン定食(すじラーメン+から揚げ+ご飯)を注文。
そして出てきたのがコチラ!(から揚げはこの後出てきた)

 
濃厚なとんこつスープに、とろとろに煮込んだ牛すじが入っていてものすごい濃いかと
思いきや、意外とスープはあっさり目。ご飯と一緒に食べるとコレがまた美味い!
んでもってから揚げもキングサイズ(笑)
そりゃ話題になりますね。博多っ子のおいらもこのラーメンには脱帽でした(笑)
一乗寺に行くときはぜひ行ってみてください。この味には唸りますよ!

◆14:00@恵文社
————————————————————————
高安を出て駅にもどる途中に、ガイドブックにも載っている恵文社という書店があったので
いってみました!
この書店、書店というよりはアンティークショップという色が強いです。

一般書籍よりも、古い本やアートにまつわる本などがとても多く置いてあり
店の奥では本と関係のある全く別の商品も置いてあります。
アクセサリ・小物から陶芸品まで!(笑)
店の中のつくりも落ち着いていて、ゆっくり本を読むことが出来る空間としてみると
インテリア作りの参考にもなりますね♪
いい刺激をたくさんもらいました。

◆15:30@京都駅
——————————————————
雨が強くなってきたので、早めに京都駅に行こうということで
一乗寺駅から乗車。出町柳で乗り換えたところでものすごく眠くなってきたので
三条で乗り換えるルートになっていましたが、東福寺まで足を伸ばすことに。
(トータル時間はほとんど変わらない)
東福寺の駅に着くまで、電車の中で超爆睡!かなり歩き疲れていたようですな・・・
無理な予定は立てず、ゆとりを持った予定を心がけようと思います(笑)

京都駅で土産物買い物バトル(すごい人出)に参加し、早々に改札の中へ。
もちろん、キャリーサービスを利用して宿から送付してあった荷物をここでピックアップ!
なんて便利なんだ♪
しばし休憩をしてから新幹線に乗車しました。

◆17:30@新幹線(京都~品川)
—————————————————————
京都から品川まで、、、名古屋あたりまでは起きていたのですが
その後襲ってきた猛烈な睡魔に負けてあえなくダウン(笑)
目が覚めたら新横浜あたりでした。

今回の旅行、

・気持ちのいい温泉に入れた
・おいしい料理を堪能できた
・すばらしい紅葉と夜景を楽しめた
・プチチョンボをかました(笑)

てな感じでとても充実していました。
日本は世界中でも数少ない四季を満喫できる国だと聞きます。
今回の旅行は本当にそれを実感できました。

3年前に大学の研究室のメンバーで来たときとは違うところも見れたし
本当に充実した三日間でした。秋は一番好きな季節♪来年も計画を立てようと思います♪

↓本日の中心スポット

大きな地図で見る

京都旅行なのだ♪ 其の弐

朝から再びゆっくりと温泉に入って食事を取り、一日の力を蓄えてから京都市内へ。

◆11:00@京都駅
——————————
旅行に行く際は荷物が大きいことが多いので、駅の預かり所を利用する人も多いと思います。

が・・・京都の紅葉シーズンは京都駅の預かりサービスもとんでもない人混み!!
普通の荷物預かりは京都駅に預けてまた20時までに取りに来なければいけません。
このこの時期はコインロッカーも満杯で荷物預かりも100m近い長蛇の列!

そこで利用したいのがコチラ!!
『京都駅キャリーサービス』
JR京都駅キャリーサービス

手荷物預かりではなく、預けた荷物を宿泊予定の宿に届けてくれるという
素敵なサービス♪しかもこのサービス、あまり知られていないのか手荷物預かりの
隣のカウンターにもかかわらず誰も並んでない!

というわけで、駅についてものの5分で荷物預け&宿への転送も完了です!
京都に旅行に行く方はぜひ利用してください♪

◆11:30@嵐山
——————————–
さてさて、さくっと荷物を預けてすぐに山陰本線に乗り換え、嵯峨嵐山へ。
電車は紅葉シーズンということもあり、東京の通勤電車並みの混雑具合です。
(通勤電車になれていればたいしたことは無いですけど(笑))
嵐山はご存知の通り、京都紅葉の超有名どころ。
↓こんな感じの人出です。


次の日の予報が雨ということもあり、初詣までは行かないまでも
かなりすごい人出でした。人混みを避けるために、GPSつきケータイで
位置を確認しながら異動すると結構楽ですよ♪

人混みに沿って駅から10分強歩くと、テレビとかでもよく紹介される渡月橋につきます。
この橋の上から眺める嵐山の風景が最高です!桂川の流れと山の赤黄色緑の紅葉が
絶妙なコントラストを作り上げています。

◆13:00@天龍寺~竹林の道
————————————————-
紅葉の赤を楽しんだ後、今度は天龍寺のほうへ向かい、竹林の道を散策。
途中で寄ったカフェで隣の席に座っているみなさんの話す強烈な長崎弁に
こそばゆい思いをしながら軽い昼食(というかおやつ)↓

さて竹林の道ですが、深い緑色の竹林と紅葉の赤がヤバイです。
あえて木下優樹菜っぽく言うと「マジやばくな~~い???」です。
いやいや、冗談抜きでコレで人が少なかったら、風が竹林をなびかせる音を
ぼーっと聞いていたい気分です。本当に・・・。
 

竹林の道を抜けたところにある池に山の紅葉がきれいに反射していたのでここで一枚!
入魂の一枚です(本当はもっと上手く撮りたいんだけどなぁ・・・でも今のところコレが満足)

◆15:00@嵯峨嵐山~四条(駅を間違えた!!)
————————————————-
竹林の道から丘をくだり、嵯峨嵐山駅まで少々歩いてから電車に乗車。
16:00には宿について少しゆっくりしてから夜景を見に行こうと思っていたのですが・・・
ここでわたくし、降りる駅を間違えてそのまま歩く羽目になるというプチチョンボをやらかして
しまいました。
(京阪祇園四条で降りるはずが、検索した駅を間違えて市営地下鉄四条で下車)
この時期の京都は車も大渋滞で進まないのでタクシーを拾うわけにも行かず、
おかげで30分以上歩くことに・・・ルートは念入りに調べておきましょう(笑)

◆17:00@宿(富久家旅館)
————————————————-

 
二日目の旅館は、祇園にある『旅館 富久家(ふくや)』。
昔ながらの町並みにたたずむ小さな小さな旅館です。
客室は2つのみ。この旅館、おかみさんが本当に「上品な京都の女性」といった
立ち振る舞いで、いろいろと世話を焼いてくれました。
(片泊まりの宿なので一泊朝食付きのみです)

◆18:00@将軍塚・大日道~永観堂
————————————————-
駅間違えチョンボをかましてしまったので、宿であまりゆっくりせずに、
清水寺の裏手の山にあたる将軍塚へ出かけました。ものすごい渋滞でしたが
タクシーで何とか宿から20分程度で到着。
この将軍塚、紅葉のライトアップと京都を一望できる夜景の両方を楽しむことが出来ます。
ぜひぜひ行ってみてください!
(将軍塚の情報はyakei.jpの縄手さんから教えてもらいました!)
詳しくはコチラ⇒ こよなく夜景を愛する人へ

夜景を眺めた後にタクシーを無理やり拾いつつ、
今度は永観堂のライトアップを見に行きましたが・・・ここの人だかりがすごかった・・・
入場までの50m近い列とものすごい夜の冷え込みに負けてここは断念・・・
次回の楽しみにしておこうと思います。

◆20:00@夕食
————————————————-
宿のすぐ近くの日本料理店で京料理(湯葉と豆腐)を堪能。
日本酒でいい感じに。本日かなりの移動距離だったために
酒の力もあいまって強烈な眠気が・・・(笑)

さて三日目は一乗寺(宮本武蔵と吉岡一門決闘の地)近辺を回る予定です。
雨が強くならないことを祈るばかり・・・

其の参へつづく!

↓本日の観光地


大きな地図で見る

続きを読む 京都旅行なのだ♪ 其の弐

京都旅行なのだ♪ 其の壱

見事な秋晴れの11月22日、二泊三日の京都旅行へ出発です!
最近あまり冷え込んでいなかったのですが、週の半ばに急に冷え込み、
そのおかげで京都の紅葉も一気に色づいたとの事。わくわくしながら新幹線に乗車♪

◆15:30@御殿場
————————————————-
新幹線から見た富士山。ちょっとシャッターのタイミングを間違えました(汗
カメラの設定をいじっている間に雲が・・・残念(笑)

 

◆16:30@名古屋
————————————————-
名古屋あたりで日が暮れ始めました。雲が空一面に広がった秋の空に夕焼けが反射して
とてもキレイでした。

 

◆17:10@京都駅
————————————————-

京都駅に到着。紅葉シーズンとあってものすごい人ごみです。
3年前にも同じ時期に来たのですが、こんなに人多かったかなぁ・・・。
3年前にも見た駅ビルのクリスマスツリー。とてもキレイですね。
京都駅から湖西線に乗り換えて約20分。琵琶湖湖畔の雄琴温泉で一泊目です。

◆18:30@旅館到着
————————————————-
宿泊したのは、雄琴温泉のきくのやさん
とても静かな宿で、ゆったりとした天然温泉とおいしい食事が楽しめます。

部屋それぞれに係りの方がついてくださり、いろいろと世話を焼いてくれます。
このさりげない気配りが嬉しいですね。
京都から電車ですぐなので、京都市内がいっぱいの時はお勧めですよ♪

さてさて、ちょっと三日目の天気が心配ですが
2日目の様子は其の弐へ続く~~~。

↓本日の場所


大きな地図で見る

Blue Note Tokyoに行ってきました♪

Jazz Desire
Jazz Desire ハイ・ファイブ・クインテット

stride 2005-10-30
売り上げランキング : 4348

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ブルーノート東京に行ってきました♪
Jazzは結構好きで、なんとなく聞き流す感じで家にいるときに流したりしているんですが
あんまり詳しくはないので、すごく楽しみにしていました。

HIGH FIVE QUINTETは、イタリアの5人組。オールドなJazzだけではなく
Club Jazzの流れも持っているユニット(らしい。なにしろ会社の組合割引で
チケット取ったのでユニットのことはよく知らず(苦笑))

BlueNoteTokyo

しかし聴いてみて度肝を抜かれましたね~。

それぞれのパワーが調和して超ハイスピードなセッションを奏であげてました。
なんというか、すごいエネルギーなんですよね。ド直球真っ向勝負!みたいな(笑)
ハードロックがあるように、平たく言うとJazzに対するハードジャズ??という感じかなぁ・・・。

ぜひ聴いてみて下さい!

Life-X ~新しいコミュニティサイトの形か?~

Life-X

Life-Xというサイトがツイ先日オープンしたのをご存知でしょうか?
Sony Marketingが開設したこのサイト、一体何かというと
ネット上あちらこちらに散らばっている自分の関連サイトを一箇所にまとめちゃいましょう
というものです。

Webアルバムなら、FlickerやPicasa
動画共有サイトなら、YouTubeやeyeVio
Webクリップなら、はてなブックマークやYahoo!ブックマーク
Blogは自分のブログ

といったおそらく自分の利用した事のある、あるいは登録をしているサイトを
一箇所にまとめて表示してしまおうというもの。
トップ画面には、時系列にBlogの投稿やアルバムの画像や動画が並んで見えます。

mixiやGreeのようなSNSが既存のフォーマットの中でコミュニティを作っていくのに比べ
Life-Xでは複数のサービスをつないでいるだけ。よりマッシュアップ度合いが上がっている分
広がっていく可能性も大きいと思います。

まだ利用できるサービスは少ないですがどんどん増やしてほしいですね。

まずはGoogleMapのマイマップを表示できるようにしてほしいなぁ・・・

竹内まりや -Expressions-

Expressions (通常盤)
Expressions (通常盤)

竹内まりや

Warner Music Japan =music= 2008-10-01
売り上げランキング : 18

おすすめ平均 star
star至宝と言っても過言ではないアルバム!!!
starスロー・ラヴを収録してほしかったです
star毎日聴いてから寝ます。幸せな気持ちで明日がむかえられます。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 

 

なぜか頭に残る音楽ってありますよね。
竹内まりやの曲もそのうちのひとつ。

世の中の流行廃りにも揺らぐことのない曲調とやさしい歌詞には癒されますなぁ。。

必ずどこかで聞いたことがある曲がありますよ♪