記憶に残る広告 ~ぐるなび~

『忘年会が盛り上がる会社は、いい会社だと思う』

最近電車の中刷り広告で一度は目にしたことがある上の広告。
何か記憶に残りませんか?

珍しくいい広告だなぁと思っていたところ、ちょうど日経産業新聞に記事が載っていました。

~一部抜粋~
日本を元気にするというのキャッチコピーは企画担当のメンバーが強く推した言葉。
「経済の停滞感が広がる今だからこそ、会社や友人間での忘年会で盛り上がって
元気になってほしい」との考えから、心に響くようなインパクトのある言葉を選んだ。
 「忘年会が盛り上がる会社は、いい会社だと思う」というコピーはぐるなびの
恒例行事に由来する。
~中略~
同社にとって忘年会とは「『一年間お疲れ様』と『来年も頑張ろう』を仲間で共有する
大切な行事」社員同士のつながりが薄れがちな今、忘年会を通して企業組織の活力を
呼び戻してほしいとの思いもあった。

広告を店舗に張りたいというリクエストや、一般消費者からもポスターがほしいなどの
問い合わせが相次いでいるとの事。

忘年会であれなんであれ、お酒の力を借りてコミュニケーションをとり、それによって
組織の結束(誘引と貢献の生産プロセス)が強まっていくのはよくあることです。

日々忙しくてもうすぐ師走であることすら忘れてしまいがちな今日のビジネスマンに
ノミニケーションというすでに死語になってしまった言葉を再度思い起こさせるのには
十分な広告だったのではないでしょうか。

僕自身お酒を飲むのは大好きですが、会社の忘年会とかは実はちょっと苦手・・・。
でも「忘年会っていいよね」と思わせる力がこの広告にはありました。

さてこれから肝臓が心配になる季節。。皆さんも飲みすぎにはくれぐれもご注意を・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です