1週間寝かせたカレー

十六雑穀米のカレー

2週間前に作り溜めしてたカレーで本日のばんごはん。

スープとして1週間、カレーにして1週間冷蔵庫で放置していたのでかなりいい感じの
味を出してました。

ご飯は普通のご飯じゃなくて、十六雑穀米をつかって健康にも気を配ってみたり(笑)

一人暮らしだとどうしても材料を買って料理しても余らせてしまうので
作りだめできるものは作りだめしておくのが便利です。

煮物とかの完成品をそのまま作ってしまうと、毎日その品が食事になってしまって
飽きてしまうので、どんな料理にでも使えるように
野菜スープを作りだめしておくのをお勧めします。
#あ!これって、製造業でいうオーダーエントリ方式と一緒ですね!
  モジュール型製品の製造工程とかぶってます。
  うーん、やっぱり料理はプロジェクトマネジメント&熱化学だなぁ(笑)

さて、無駄話はこのくらいにしてレシピを。
鍋パーティで使う大き目の鍋で料理すると作りだめにいいですよ~。

<材料>
 ・たまねぎ3玉
 ・にんじん2本
 ・ジャガイモ3個
 ・合いびき肉200g
 ・トマト2玉
 ・コンソメスープのもと少々
 ・鳥の骨付き肉300g

<手順>
(1)たまねぎ3玉を細切りにして超弱火であめ色になるまで少しずついためる
(2)たまねぎをいためている間にほかの食材を切っておく
(3)たまねぎがあめ色になったら水を加えて一煮立ち
(4)(3)にジャガイモにんじんを加えて弱火で少しずつ煮込む
(5)フライパンを熱め(少々湯気が出るくらいまで)熱して油を引き、ひき肉をいためる
   ※プラスチックのトレイの形のままじっくり炒めるのがポイント♪
(6)(5)のひき肉に火が通ったら、(4)の鍋にそのまま投入
(7)フライパンを急いで洗い、再度熱めに熱して鳥の骨付き肉を
   焦げ色がつくぐらいまで炒め、ある程度火が通ったら(6)の鍋に投入
(8)土鍋に蓋をして超弱火でじっくり煮込む(30分~1時間やるのもありかと)
  ※鶏肉が、骨から剥がれ落ちるぐらいまで煮込むのが理想ですが、
    2日間ぐらい寝かせて再度煮込むといい感じに肉がはがれます

これでベースが出来上がり。

あとはこのベースを必要分だけ別の鍋にとり、にカレーを作るもよし、
シチューを作るもよし、あるいは和風だしを使って吸い物にしてみるもよし
キャベツとウィンナーいれてポトフにしてみるもよし。。

ぜひともやってみてくださいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です