Discovery

若田さんを載せたスペースシャトル、ディスカバリーが宇宙に向けて飛び立ちました。

僕の記憶ですが、若田さんが始めて宇宙に旅立ったのは1996年。
実は僕が行っていた大学の先輩にあたり、
僕が在学中にも1回公演にいらっしゃったこともあります。

若田さんがいたのは工学部の航空工学科なので僕がいた理学部とは違うのですが
研究塔は目と鼻の先で、今考えるとすごい人が卒業生にいるもんだとちょっと誇らしくなります。

こういう映像とかニュースを見ると、天文学が大好きだった学生の頃を思い出します。
※今も大好きですよ(笑)

宇宙が誕生して150億年といわれています。
今現在も光とほぼ同等のスピードで宇宙は膨張を続けていてどこまで広がるかはわかりません。

太陽系が誕生して46億年ですが、宇宙の年齢に比べたら短いその間にも
崩壊してなくなってしまう物質(元素)が存在するような現実。
地球の歴史を1年に換算すると、人間の歴史は大晦日の23:59よりもさらに進んだところから
始まるそうな。

気の遠くなるような年月の果てに、たまたま存在した太陽系の、たまたま形成された
地球という惑星の中で本当にたまたまたんぱく質が生まれ、そして生命が誕生した。
奇跡という言葉ですら陳腐な言い回しに感じられてしまいますね。

地球の歴史を1年に換算したら数秒にも満たない人類の歴史の、そのわずか50年ぐらいの間に
人間は46億年積み上げた緑をあっという間に食いつぶそうとしている現実があります。

そのことを考えながらこれから生きていくのとそうでないのとでは雲泥の差ですね。

もっとエコを意識して生活しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です