NHKを見直してみる

民放局の広告収入が激減している中、まったく違うビジネスモデルのNHKさんはどこ吹く風。

我々の支払っている受信料を糧に事業を行っているので当たり前と言えば当たり前ですが
税金を支払ってるようなものだから、不祥事とかが報じられると
正直受信料を払っているのが馬鹿馬鹿しくなることもあります。

が、民放局の番組が同じ企画の繰り返しで目新しいものがない今日この頃
改めてNHKを見てみると、番組の面白さとクオリティの高さに気付きます。

今やあらゆるメディアに出てくるのが当たり前になった「若手」と呼ばれる芸人たち。
このお笑いブームを作ったのは、今や老舗番組となった爆笑オンエアバトルだと
思っているのは僕だけではないと思います。

また、企業の採用担当を呼んで就職活動の面接シミュレーションをやってみたり
世の中の動きにもかなり敏感に反応して制作をしている部隊もあるようです。
(いずれ民放が真似するんだろうなぁ・・・(笑))

民放が広告主への還元をするために視聴率を上げるのがミッションである一方、
NHKは純粋にジャーナリズムに集中できる環境もあり
落ち着いて世の中の動きを伝えているようにも見えます。
まーでも結局資産もってる会社が強いってことなんでしょうがね。。

ただ、民放が番組制作を制作会社に丸投げしているこの時代に、
NHKだけはちゃんと自分たちで番組を制作しているという実態もあるようです。

資金源はさておき、「金がないからできない」ではなく
“自分たちの本業は何か?”を今一度考える必要はあるのではないでしょうか。
(放送局だけではなく、特に世の中の大企業は・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です