相手の立場に立つって?

・トライバルメディアハウスのイケダさんのエントリ
にインスパイアされちゃいました。

もともと別の方のエントリを引っ張られたそうなのですが。
営業電話の品格について語られています。

今日のニッパウさんのこのエントリーに激しく同意。冒頭を引用させて頂きます。

僕は、つい先月までマーケティング局にいたので営業電話を受けてました。

で、営業電話を受ける側は何を思ってるかというと大体以下の通りです。

・早く電話を切ってくれ
・切らないなら死んでくれ
・死なないならお前の受話器だけ爆発しろ

まぁ、要するに結構迷惑なわけですね。
この事実は、何をどうしても否定できないことだと思います。
立場が変わり今度は僕が電話をする側になりましたが、いつも念頭にこのことがあります。

気になる続きはこちら(笑

僕も会社にいる日は一日に数件営業電話を受けますが、まさにその通り!さすがに受話器が爆発しろとは思ったことありませんけど(笑
うちにも、主に自社メディアやツール類を販売する営業部隊がいて、毎日一生懸命TELアポをしています。逆の立場になって考えると、ホント、そうですよね・・・。

そう、営業電話、これほど時間が無駄だと思うことはない。
でも、僕のいる部署もテレアポをかけなきゃいけないこともあるわけで。ジレンマですよねぇ。

営業電話からみえてくることがひとつあります。
それは、つくづく自分たちは会社の名前に寄りかかって仕事をしてしまっているんだなぁ、
ということ。営業電話の時、自分のいる会社がそこそこ名の知れているところだと
意外と話だけは聞いてもらえる。

大会社にお勤めの皆さん、勘違いしちゃいけません。
私も含めて皆さんは自分の力で売り上げを上げ切れているわけではないのですよ。
「会社の名前」ってやつを買ってもらってるんですよ。

本日、業務引継ぎをかねて派遣で仕事に来ていただいている人と一緒にお客様に
ご挨拶に伺いました。派遣の営業さんはまだ会社に来て1年足らず。
細かい営業ノウハウや技術的知識もあまりないけれども、お客様に対する接し方は、
プロパーの社員以上に丁寧でした。

同じ組織の中に長い間いてしまうと、最初に「これおかしくね!?」って思ってたことが
「まぁ、いいんじゃね?」に変わり、そのうち「あたりまえじゃね?」になってしまうことが
あるようです。もちろん、私はそうならないように勤めているつもりですが
それでも時々思い返す必要があると思います。

ひな壇にえらそうに座って口だけを動かして何の付加価値も生み出していない方々こそ
そのような淀みをぶっ壊していく義務があると思うんですけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です