ウェブとは・・・・

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書) 中川淳一郎

おすすめ平均
stars詳しい人が電脳空間の「狭さ」を教えてくれた
stars2ちゃんねるの住人の感想を聞きたい一冊
stars主張にはそれなりに納得
starsIT小作農からの一家言
stars「ネットで話題」を巻き起こすためのハウツーあり

Amazonで詳しく見る by G-Tools

んん?っとなるようなタイトル。
本屋で平積みになっていたのをちょっと斜め読みし、面白かったので即購入。
隣にあったカフェで一気に読んじゃいました。

Web2.0という言葉が当たり前になって早2年。さて、ちょっと冷静になってみてみると「そんなに世の中変わったか?」という印象です。
こと、インターネット関連の仕事をしていると「Webは何でもできる」「Webがすべてだ」という方向に偏りがちですが、ちょっと立ち止まって周りを見回してみると、自分も含めた世の中は大して変わっていなかったことに気づきます。

Web2.0に始まり、今度はクラウドコンピューティングが脚光を浴びている時代。
先進的な流れにはとかく乗ってしまいがちですが、ちょっと立ち止まって俯瞰してみるのにとてもよい本だと思います。
そして、テレビのすごさとキャッチコピーを考える人のすごさ、日本語の面白さに改めて気づきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です