新型インフルエンザ報道の「???」

ニュースにもなっているように、新型インフルエンザが日本にも上陸してしまいました。
修学旅行や海外研修に出向いた学生さんなどが多いという印象を受けます。

連日報道は加熱していますが、テレビを見ていて「?」と思うことが・・・。

感染した生徒が通っていた学校の会見のときに見られるのが、全て
校長の「大変申し訳ない」という言葉。

申し訳ない・・・「何が申し訳ないのだろう」と思うのは僕だけでしょうかね?
(ひねくれているのかなぁ)

海外でインフルエンザが流行を始めた後にあれだけの日本人がGWに海外脱出をし、
つまりその時点での渡航者は何かしらの覚悟を持って海外旅行をしたわけです。
そして大体の方々は覚悟をもった上で、感染しないように予防をしていたと思われます。
その上でも感染してしまったのだから仕方がないのではないでしょうか。
空気感染をする以上、水際作戦とか何とかいっているけど防げると考えるよりも
感染者が出たときの対策をもっと固く行うことのほうが大事なわけで。

感染してしまった学生さんは、自分自身の目標を持って海外研修に行っていたわけで
別に過失があったわけではない。感染したくて感染する人なんていないでしょうし(笑)
そのような事実を踏まえて考えると、「申し訳ない」というのは誰に対して何を「申し訳なく」
思っているのかわからない・・・・のは僕だけかなぁ。

そもそもインフルエンザをはじめとしたウィルスは突然変異をするのは当たり前で
細菌と違って抗生物質をはじめとした薬が効かないというのを皆さんご存知なんでしょうかね?

感染者を出してしまった学校の校長は「誰かから批判されるかもしれない」という
強迫観念から「申し訳ない」という言葉を発したのではないでしょうか。
予防も何もせずに海外に渡り、戻ってきてからも体調が悪いのに不用意に外を出歩き
ウィルスをばら撒いたのであれば困ったものですが・・・
まー報道を考えるとひとまず謝罪をしないと、という気持ちもわからんでもないですが。。
謝罪しないといけないと思わせる空気というのはいかがなもんかと思いました。

といいながら、おいらなんだかんだ体弱いからちゃんと予防しないとですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です