継続は戦略的に

勉強時間管理

約1年ぐらい前、自分の一日の勉強時間の記録を付け始めました。
そして先日の一次試験が終了するころに1100時間を超えました。
われながら、よくもまぁがんばったもんだと思います。が、記録をつけるのが目標になってしまっては本末転倒です。勉強をすることを習慣付ける(=やらないと気持ち悪いと思えるようにする)ことが一番大事。

さて、二次試験まで2ヶ月ちょっとしかないのですが少々自分の勉強の仕方を振り返ってみようかと。
一次試験、あまりにも量が多いということもありひたすら目の前にあるものを片付けていたような気がします。さてこれでよいのかどうか?

この「目の前にあるものをちぎっては捨てる」やり方だと、目標の置換現象を起こす恐れアリですね。
「いつ、どのような状態になっていること」がゴールなのかを設定するのに時間をかけ
その後に進め方の足場固めをした方が最終的には効率的だと思います。

これが一次試験に向けた勉強の反省。
では、二次試験に向けてはどうするか?一次のように与えられるものがあるわけではないので
自分なりの「勉強の仕方、進め方」を確立しないといけませんな。

ひとまず今週は、過去の事例にじっくり目を通すことに全力を傾け、
・80分で解答を作成するために必要なことの洗い出し
・習慣づけ(=トレーニング方法)
を徐々に確立していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です