マジで観たい!「宇宙へ」


予告編を観て鳥肌が立ちました!「宇宙へ。」の予告編です。
ディープ・ブルーやEarthで自然と地球の神秘を描いたリチャード・デイルの最新作です。

小学生の頃に博物館の望遠鏡で木星を観てからというもの、
大学を卒業するまで宇宙に魅せられ続けてきました。
 ・宇宙はどこまで広がっているのか
 ・どうしてブラックホールなるものが存在するのか
 ・光の速さで飛んだらどうなるのか
 ・時間旅行はできるようになるのか
 ・・・
大学では地球惑星科学を専攻し、太陽系が形成された頃の環境や生命誕生につながる(かもしれない)研究もやっていました。そんな僕が今はITの世界で仕事をしている。一見まったく違う世界ですね(笑)

それでもNHKの深夜番組でサイエンス・アイが放送されているとついつい見てしまうものですし、そういうときに、「あぁやっぱり僕は宇宙や自然科学がすきなんだなぁ」と実感します。

そして、この映画にとても興味をそそる理由はもうひとつあります。
(二次試験前で多面的な切り口で話す練習も兼ねてますのでややこしくてごめんなさい)
それは、人類が手がけるテクノロジーの進化が、当時の政治や経済の動きとシンクロしていて、ビジネスとの関連性を見てみたいからです。へんな言い方ですが、もしかしたら冷戦がなかったらこれだけのハイスピードで宇宙開発は進まなかったかもしれません。皮肉なものですね。

でも、プロセスはどうであれ、宇宙にかける想いを持ったたくさんの人たちがいて、そして多大な犠牲の上に現在の宇宙開発が進んでいる・・・。その歴史を見てみたいというのが本音です。

生きているうちに、気軽に宇宙に行けるような時代になればいいなぁ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です