iPhoneの値段にみるSoftBankの戦略(あたってるのかな?)

iphone

前から買いたい買いたいと思っていたiPhone。試験前なので我慢してます(〃´o`)=3
仕事の情報収集とかでもとても使えそうな感じ。新しいサービスのイメージもわきそう。
セカイカメラなんて「ドラえもんの世界か!?」って思ってしまいました。

さて、実際いくらぐらいで買えるのかを確かめるため、外出ついでに新宿のヨドバシへ。

国内系メーカーの携帯電話はOSやら機能の開発にめちゃくちゃお金がかかっており
その回収のために端末の値段がやったら高くなっています。
ちょっと前までは、端末を普及させるのを目的に携帯キャリアがメーカーに販売奨励金を払っていたため、僕ら消費者が手に入れるのにそこまで高い値段はしなかったのですが。。
今の世は国内1億台以上に流通してしまっているので頭打ちで、キャリアは「売る」ではなくて「解約させない」戦略に出ているという状態です。ナンバーポータビリティと逆行しとるし・・・。

てなわけで最近の携帯電話は大体1台5万円以上(高っっ!!!!)

で、一方のiPhoneはというと・・・
 <普通に一括で買った場合>
  ・初期費用:端末代金60,000円程度
  ・月額費用:パケホ約5,000円程度
         毎月割引-2,000円程度
  —————————————-
  2年間の投資額:約130,000円

 <分割で買った場合>
  ・初期費用:0円
  ・月額費用:端末分割費用:3,000程度
         パケホ約5,000円程度
         毎月割引-2,000円程度
  —————————————-
  2年間の投資額:約130,000円

と、ほとんど変わらん・・・・だったら分割で買ったほうがお得じゃね?
(ちなみに機種変じゃなく通信のみで利用する予定なので通話料はナシです)

ここで診断士っぽくDCFとか持ち出して計算をするとまためんどくさいことになるのでやめておきますが(笑)そんなに損した気分もしない。で、試験前だったので我慢しましたが試験おわったら買おうと思います。

しかし値付けにSoftBankの戦略が見え隠れしてますね。
iPhoneは携帯電話というより情報端末(どっちかというとネット機能のついたiPod)で、機種変というより新規購入需要が多い端末なので、価格を落として新規ユーザを獲得してシェアを広げる作戦なのでしょう。Appleから仕入れているだけだとすると、どんどん流動負債がたまるあるいは流動資産がなくなり流動比率が低下するので安全性から見るとよろしくないのですが、負債を返済するだけの資金力もあるでしょうし、シェアがあがれば投資家たちも喜ぶ、と。

なんて、仕入原価はどーすんだ?見解間違ってる気もする・・・(笑)

効果的に身に着けて実践するためには?

診断士の勉強のみならず、以前から本を読んだりといろいろ知識を身につけて今更ながらですが。
・同じ勉強量なのに身についている人とまったく身についていない人
ってよく周りにいませんか?

「あいつ努力家だけど、まったく身についてないよねぇ」
って人と
「一回吸収するとすぐ応用できる人だよねぇ」って人。

さてこの違いって何によるんでしょうね?

僕の経験論ですがそれは「アウトプットしているかどうか」に尽きます。間違いないっす。
「アウトプット」=「自分ら実行。それも今すぐ」です。
世の中の大半の人は実はこれやれてないんです。もちろん僕自身も反省する点は多々。

たとえば・・・
 ・勉強するつもりで参考書買って、買った時点で勉強した気になる(笑)
  ↑中学生のころよくやらかしてました。社会人の今となっては論外ですが・・・・
 ・ビジネス書読むだけ読んで読んだだけ
  ⇒ これ、まったく記憶に残りません。記憶に残らない=読んでないのと同じ。
     読んでないのと同じ=勉強する気がないのと同じ。
     ちょっと極端ですが、実績だけ見るとまったく同じことです。
 ・セミナー等の講義の板書を写メで撮る
  ⇒ 100%後から見ません。そもそも講義内容を自分でメモを取らない時点で
     記憶に残りません。(自分で板書したなら別ですが)
     後から見るつもりなら、すぐ自分のPCに転送してその場で印刷して
     いつどんなときでも目にするノートやメモ帳に張りましょう。
     そのぐらいしないと、自分で整理しながらノートやメモを取るのと記憶のレベルが
     追いつかないでしょう。

まぁ他にもたくさんありますが、要は
「身の回りの事象を学習して自分の糧とするには、経験したことをすぐに実行すること」
だということです。

たとえば、セミナーの講義を聞いているならノートを取る。
たとえば、ビジネス書読んでためになった部分があればその部分を別のメモ帳にメモする。
      (アンダーラインは、後から読み返さないので意味ないです。はい。)
そして、メモしたことや覚えたことはその日のうちに
 「誰かに説明して聞かせる」「別のノートに考えながらまとめる」
 「話す相手がいないならぶつぶつつぶやいてみる(笑)」等を行うことです。

アウトプットをすると脳が「経験」として記憶します。インプットだけだと、字面を覚えるだけですぐに忘れてしまいます。アウトプットすることにより、記憶が経験と紐づいて強固になり、強固な経験を元に応用を利かせることもできるようになります。

・・・って、これ自分への戒めなんですけどね。。。備忘録もかねて。さて、二次の勉強しなきゃ・・・

知り合いが著者になりました

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
おすすめ平均
starsさすがスーパーサラリーマンの技術です
starsシンプルな仕上げに深さあります!
starsノートの凄さを実感させる本
starsノートに書いてある裏にあるもの
stars一冊でも、東大生でもなく

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はいこれ、知人の著書です。9.11に著者デビューされたのですが、Amazonで注文していたのでようやく届きました!なんと、不肖わたくしも応援者として巻末に名前を載せていただいています♪なんと光栄な・・・。

「結果を出す人」というぐらいだから、著者はさぞやイケイケな感じの人かと思った方もいるかもしれませんね。いやいや、見た目超さわやか、人当たりも超やわらか、人の話を深く聞き、鋭く刺さる質問を投げかける、そしてたくさんの人たちが自然に周りに集まる、という人です。(わかりにくいかしら?)

起業をしているわけでもなく、一サラリーマンとしてしっかり仕事をしつつ、築地朝食会や山の手の会(これ、私結構参加しました。いろんな人脈ができました)、misaki.net cafe等といったたくさんのイベントを主催しつつ、たくさんの有名人が知り合いにいつつ、家ではちゃんとパパもやりつつ・・・本当、こんな人になりたいなぁと思います。

社会人4年目ごろに参加したリクルートのイベントがきっかけでいろいろな人脈ができ、著者の美崎さんとも知り合うことができました。考えてみたら、あのあたりから僕の周りの人の流れというか、運気の流れというか、そんなものが大きく変わってきた気がします。もちろんいい方向に。

一人一人との出会いを大事にして一歩一歩進んでいれば少しずつ物事はいいほうに変わっていくんだなぁ、と改めて思いました。

↓公式サイトはコチラ♪
http://ameblo.jp/note272/

九大がIBM・Googleの大学向けクラウドに参加

九州大学

日本の大学では初めてらしいです。母校だけあってうれしいですね。

IBMとGoogleが共同で提供する大学向け研究クラウドに、日本の大学としては初めて九大が参加する。
2009年09月10日 07時00分 更新

 米IBMと米Googleが共同で提供する大学向け研究クラウドコンピューティング環境「IBM/Google Cloud
Computing University
Initiative」はこのほど、九州大学大学院システム情報科学研究院の参加を承認した。日本の大学が同環境に参加するのは初めて。

 同環境は、世界各国の大学に最新技術習得のための学習環境を提供するのを目的に両社が共同で運用。大学は両社のマシンを組み合わせた数百台の大規模クラスターを利用でき、米ワシントン大学やカーネギーメロン大学、マサチューセッツ工科大学などが既に参加している。

 九大は同環境を活用し、3次元地図やサテライトナビゲーションシステムに関する研究、Hadoopプログラミング環境を使った大規模分散処理用ソフトウェア開発などを進める。学内のプライベートクラウドとパブリッククラウドとの連携などについても研究する。

<http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/10/news010.html>




概念が突出して先行している感のあるクラウドですが、産学連携を皮切りに世のスタンダードになって行ってほしいなぁと思う今日この頃。ITベンダに勤めている自分としては自社の立場を脅かされるのは確実ですが、競争社会なのでイノベーションが起こるごとに競争と淘汰を繰り返すのは当たり前であり、それを受け入れつつ広い視点を持って前に進んでいく気概を持たないといけません。

日本人はいまだに「いいモノを作れば売れるはず」と思っているところが多いようですが、マーケットが飽和している今日ではそんなのは夢物語に過ぎないと言うことがすぐわかるでしょう。
消費する側に立って考えれば、例えば「マニュアルばかり分厚くて操作がわかりづらい携帯電話」「機能としての成長が5年以上前に止まったパソコン(CPUは2GHz~3GHz、メモリは2GB程度で頭打ち)」の機能をこれ以上強化しても別になんとも思わないのは目に見えてますよね。というかそれに気付かずにさらに「イイモノ」を作り続けようとしていることのほうが不自然です。

もっと広い視点を持って、「何が受け入れられるのか」を考えつつ進めるように自分たち自身も変わって行きたいものです。

一次試験正式発表

診断士一次試験の正式合格発表が公示されました。
マークミスやら受験番号漏れもなく無事合格しておりました。一安心。

さて、統計資料を見てみますが・・・

■申込者:20,054
■受験者:15,056
 ⇒ 5,000人近くも未受験かよ!もったいねぇ・・・

■受験者:15,056
■合格者:  3,629
 ⇒ 合格率24.1%
    まぁ、こんなもんなんですかね?昨年度の合格率が23.4%なのでちょっと上昇した感じ。

●科目別合格率
 ・経済学・経済政策:38.9%
 ・財務・会計    :19.5%
 ・企業経営理論   :18.8%
 ・運営管理      :29.9%
 ・経営法務      :10.5%
 ・経営情報システム:3.8%
 ・中小企業経営政策:2.9%

うーむ、全体でみると合格率は上昇しましたが、科目別のばらつき(=統計学的にはリスク)が大きいですなぁ・・・。二日目が難しすぎた・・・。
かく言う私も、企業経営理論以外は予想に漏れることなく法務と中小は科目別だけで見たら不合格です(全体で合格なので問題なしですが)。

IT企業に勤めている人はラッキーだったかもしれませんね。
あ、でもIT企業勤務とか関係ないレベルで今回難しかったとこもあるのでなんともいえん(〃´o`)=3
ちなみに僕は情報システムだけ見ると上位3%ぐらいに入るみたい。すげ(笑)
これが二次試験だったら良かったのに(爆)

とりあえずこれはこれとして二次に取り掛かりましょう。