効果的に身に着けて実践するためには?

診断士の勉強のみならず、以前から本を読んだりといろいろ知識を身につけて今更ながらですが。
・同じ勉強量なのに身についている人とまったく身についていない人
ってよく周りにいませんか?

「あいつ努力家だけど、まったく身についてないよねぇ」
って人と
「一回吸収するとすぐ応用できる人だよねぇ」って人。

さてこの違いって何によるんでしょうね?

僕の経験論ですがそれは「アウトプットしているかどうか」に尽きます。間違いないっす。
「アウトプット」=「自分ら実行。それも今すぐ」です。
世の中の大半の人は実はこれやれてないんです。もちろん僕自身も反省する点は多々。

たとえば・・・
 ・勉強するつもりで参考書買って、買った時点で勉強した気になる(笑)
  ↑中学生のころよくやらかしてました。社会人の今となっては論外ですが・・・・
 ・ビジネス書読むだけ読んで読んだだけ
  ⇒ これ、まったく記憶に残りません。記憶に残らない=読んでないのと同じ。
     読んでないのと同じ=勉強する気がないのと同じ。
     ちょっと極端ですが、実績だけ見るとまったく同じことです。
 ・セミナー等の講義の板書を写メで撮る
  ⇒ 100%後から見ません。そもそも講義内容を自分でメモを取らない時点で
     記憶に残りません。(自分で板書したなら別ですが)
     後から見るつもりなら、すぐ自分のPCに転送してその場で印刷して
     いつどんなときでも目にするノートやメモ帳に張りましょう。
     そのぐらいしないと、自分で整理しながらノートやメモを取るのと記憶のレベルが
     追いつかないでしょう。

まぁ他にもたくさんありますが、要は
「身の回りの事象を学習して自分の糧とするには、経験したことをすぐに実行すること」
だということです。

たとえば、セミナーの講義を聞いているならノートを取る。
たとえば、ビジネス書読んでためになった部分があればその部分を別のメモ帳にメモする。
      (アンダーラインは、後から読み返さないので意味ないです。はい。)
そして、メモしたことや覚えたことはその日のうちに
 「誰かに説明して聞かせる」「別のノートに考えながらまとめる」
 「話す相手がいないならぶつぶつつぶやいてみる(笑)」等を行うことです。

アウトプットをすると脳が「経験」として記憶します。インプットだけだと、字面を覚えるだけですぐに忘れてしまいます。アウトプットすることにより、記憶が経験と紐づいて強固になり、強固な経験を元に応用を利かせることもできるようになります。

・・・って、これ自分への戒めなんですけどね。。。備忘録もかねて。さて、二次の勉強しなきゃ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です