努力を続けるということ

studygraph02.jpg

昨日、2009年度中小企業診断士二次試験が終了しました。

勉強しようと思い立ったのが約2年前。それからちょっとした独学と通学で勉強漬けの毎日でした。そして昨日、自分自身の思い描いていた対応ができず、不完全燃焼のまま終わりました。もう本当に悔しいです。難しすぎてどうにもならないならまだしも、緊張やら何やらで集中力が時々途切れたりして・・・。情けないとしか言いようがない。

結果は見なくても想像はついています。なにしろ時間に追われ、自分でも「ちゃんと設計した文章がかけてないなぁ」という感じだったので、万が一合格していたら他の受験生に失礼にもなるかと(苦笑)

と、そんな状態ですので、気持ちはすでに来年の二次試験に向いています。とは言ってもいきなり1年後を見据えてエンジンはかからないので、この1年半ぐらいを勉強時間の記録とともに数字で振り返りたいと思います。

■総勉強時間:1,463.2時間(1次2次合計)
■期間:2008年7月8日~2009年10月24日
■一次科目別
 ・企業経営理論    171.3H(本試験点数 56点)
 ・財務/会計       256.9H(本試験点数 64点)
 ・運営管理       237.3H(本試験点数 74点)
 ・経済学        145.0H(本試験得点 64点)
 ・情報システム     73.5H(本試験得点 68点)
 ・経営法務       150.0H(本試験得点 55点)
 ・中小企業経営政策  87.0H(本試験得点 56点)
■二次事例別
 ・事例Ⅰ(組織・人事)   93.5H
 ・事例Ⅱ(マーケティング) 86.5H
 ・事例Ⅲ(生産・技術)   74.2H
 ・事例Ⅳ(財務・会計)   88.0H

これをグラフにしたのが冒頭の画像です。しかし計画を立てて進めるのがものすごく苦手な僕が良くもここまでやったもんだと自分自身に感心します。大学までの勉強は、与えられるものに対してどう答えていくかでしたが、社会人になってからの勉強は自分自身が問題点を発見した上で課題を設定してそれに答えてさらに自分で修整をしなければいけない。この点において学生と社会人は正反対の対応をしなければいけないわけです。おそらく僕にはそこがまだ足りないのだと思います。

今後、対応方法と考え方は変えながら、自分の対応と考えのエラーを修正しながら進めたいと思います。当然日常生活の中でも。一次試験は机にかじりついてひたすら詰め込む試験。ですが二次試験はインプットしたものを処理して形作ったものをひたすら吐き出す試験です。試験の仕様がまったく違うんですよね。

いかに普段からアウトプットを出す前にしっかりと設計を行うことを意識するかが重要だと痛感しました(字面で書くと当たり前のことですが、ほとんどの人がこれできてませんよね)。そして、もっと重要なのはそれを常に行って繰り返して修正を続けることです。

—————————————————-
1.インプット(よむ、見る、聴く)

2.処理1(考える、検討する、悩む)

3.処理2(整理整頓する)

4.アウトプット(話す、書く)

5.チェック(結果と予想を比較する)

6.再予想(チェックを元に、次の行動計画と予想をする)

1にもどる
—————————————————-

忘れずに実行し続けたいと思います。来年、必ずリベンジ。

「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」がすげぇ

知ってます?このコンテンツ。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
新潮社 2008-06-26
売り上げランキング : 12475

おすすめ平均 star
star単純に面白い
starある新人プログラマーの奮戦記
starねばって!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はじめてみたのは1ヶ月ほど前にWeb上の漫画で。
電車男と同じような流れなんだろうなぁと思わせる画風の漫画。
漫画はまだ完結していないので、面白いなぁ~続き見たいなぁと思って忘れていたところ
本日本屋で平積みになっているのを発見。

試験前なので買いませんでしたが、チェックしてみたところ
まさに電車男と同じような流れを踏んでいますね。スタートは2Chです(笑)

ただこのコンテンツ、電車男と大きく違う点があります。
それは
「日本の会社の実態を表しているコンテンツである」事、
「社会を生きるエッセンスがさりげなくちりばめられている」事
です。

舞台はとあるシステム構築企業。そこに新人プログラマのマ男入社するところから
話は始まります。

 何も教えてくれない先輩、コミュニケーションのない職場、
 絶対不可能な納期の案件を受注するリーダー
 できないなら死んでも自分で調べろ主義な社風

はい、新人君が配属された職場は上記のようなところです。
もしあなたが新人だったらどうしますか?

いやでしょうねぇ。でも実際、日本の企業の半分以上はこんな感じだと思いますよ。コンプライアンスだ、ワークライフバランスだとは言っても、労働集約的な仕事ばかりが増えていく日本社会ではおそらく上記のような企業が多いことでしょう。事実、私がエンジニアをやっていたときも少なからず上記のような感じはありましたし。

ただ、これは一方的に悪いことばかりではありません。
学生時代の20数年間、ぬるま湯のように「与えられるのが当たり前」の教育を受けてきた世代には衝撃的に感じるかもしれませんが、ビジネスというのは厳しいのが当たり前であり、自分で必要なものは最終的には自分で掴み取るしかないんです。
(まぁ、無理な納期を押し付けられるのはおかしいですけど、、、でもそのくらいしないと会社が立ち行かないのも事実)

そして、そんな厳しい会社環境の中で「どのようにして人を育てていくか」についても上手いこと書いてあります。このコンテンツが事実に基づいたものかそうでないのかまったく不明ですが、どちらにせよリーダーシップやマネジメントについてのとても良い具体例を示してくれるのは間違いありません。
偉そうな参考書を読んで、リーダーシップが「わかったつもり」になるより1テラ倍マシでしょう。

試験終わったらじっくり見てみようと思います。

↓Web上の漫画はコチラ
http://ueharasan.y.ribbon.to/