デフレが加速中

asahi.comより

日本銀行の白川方明総裁は30日、名古屋市内で地元経済団体などと懇談し、足元で進む物価下落について「金融緩和と金融市場の安定確保の両面で、デフレ克服のために最大限の努力を行っていく」と述べた。白川総裁は「デフレ」という言葉を初めて使い、対策に取り組む方針を強調した。総裁はこれまで「デフレにはさまざまな定義がある」などと述べ、日銀がデフレと判断しているかどうかについては明確に説明してこなかった。

日銀もデフレであることをみとめ、対策をとらないとまずいと認識した模様です。
勝間和代さんのTwitter投票が影響しているか定かではありませんが、投票した身としてはうれしい限りです。

さて、デフレになるとなぜまずいかをもう一度おさらいしましょう。
以前書きましたが、簡単に言うと↓のような感じです。

物価が下がる
 ↓
企業側からみて売上が低下する
 ↓
売上が低下しても従業員の賃金は比例して下げられない(※)
 ↓
企業の収益が悪化
 ↓
企業が雇用を縮小
 ↓
失業率増大
 ↓
消費の鈍化
 ↓
物価が下がっているので「まだ下がるだろう」という消費者意識からさらに消費が鈍化 
 ↓
更なる値下げ
 ↓
更なる収益の悪化
・・・

さてこのデフレにさらに拍車をかける状況が今顕在化しているのをご存知でしょうか?
それは先週から急騰している「円高現象」です。一時は84円/ドルになった模様。

今回の円高には中東ドバイの金融不安が一因にあるようです。ドバイの政府系投資会社の巨額の負債により資金繰り不安感が市場を支配し、比較的安定している円が買われているとのこと。

ではなぜ円高がデフレに拍車をかけるのでしょうか?簡単な図式だと↓が当てはまるかと思います。

円高

輸入品の価格が低下(いわゆるデフレ)

「もっと落ちる」との消費者意識により
消費が鈍化

企業収益悪化

また、日本を支える産業はほとんどが輸出で成り立っています。
輸出企業はドル決済(ドルをもらう)ので、円高だとドルの価値が下がって為替差損がどえらいことになります。(ちなみに、トヨタは1円円高にふれるだけで、200億円/年の損失だそうです)
円高により、輸出産業で成り立っている日本企業の多くが損失を被り、業績が悪化するわけです。

「輸入雑貨が安く買える!」と思っているあなた!もちろんそれもいいですが、マクロ視点で見たら自分が勤める会社が明日つぶれてしまうかもしれない現実が目の前にあるのを忘れないでおきましょう。

日銀はさっさと為替介入とか政府紙幣発行とかやればいいのに。。。

帰省&九州旅行 vol.3

■11月24日(火)
10:30@黒川を出発
———————————–
黒川温泉の紅葉
黒川温泉街
朝から生憎の雨模様。予報はさらに雨脚が強まる感じだったので
早めに黒川の町を散策することにしました。

今では有名になったとはいえ、20年ごろ前までは黒川温泉も
寂れて閑古鳥が鳴いていたそうです。
このままでは駄目だと各旅館の若い衆が集まって頭をひねり考えたのが
温泉の湯めぐり手形。
元々温泉の泉質が良かったこともあり、徐々に客足が増えて
今では中々予約がとりづらい有名温泉地になりました。

このような産業集積が起こっている一番いい例が商店街だそうですね。
武蔵小山や千歳烏山の商店街の会長は産業集積から地域の活性化を起こせるプロ。
講演会などで日本全国を飛び回っているそうです。
温泉街も例に漏れず、同業者が競争しつつ協力して行くことで
地域の活性化と経済への貢献ができている地域はかなりあります。
(一番有名なのは湯布院かな?)

これからも黒川や湯布院には全国の温泉地の見本になってもらいたいですね。

13:30@竜門の滝
———————————–
竜門の滝
黒川を後にして一路玖珠方面へ。
雨脚がどんどん強まってきたので運転には細心の注意を払いました。

せっかくのドライブだったのでちょっと残念でしたが
竜門の滝に到着する頃には少し雨脚も弱まりだしました。

この竜門の滝は、夏になると滝すべりをする人たちでとてもにぎわうとの事。
(もちろん、上の滝から落ちることはありませんw)
自然の作り出したウォータースライダーですね。
ここには大学院1年のときのサークルのイベントで来たきりだったので
約9年ぶりです。なつかしい・・・
今度は暑い時期に来てみたいですね。

15:30@実家へ
———————————–
下道で帰るつもりが、結局渋滞してそうだったので高速道を利用して
実家まで戻りました。

とても盛りだくさんの旅で、結果的にゆっくり疲れを癒すって事にも
ならなかった部分はありましたが、その分懐かしい場所めぐりをすることで
元気をたくさんもらいました。

年末にまた帰るのが楽しみになってきました。

帰省&九州旅行 vol.2

南阿蘇の景色
■11月23日(月)
8:30@実家を出発
———————————–
朝早く実家を出発。本日は車で一気に宮崎北部の高千穂峡まで行きます。
高速道の流れも順調で前日の雨がうそのように天気もよく、最高のドライブ日和です。

2時間弱で一気に南阿蘇までやってきました。↑はそのときの写真。
前日の雨の湿気と朝からの陽気のせいか、とても低いところに雲が見えて
幻想的でした。なかなか見れない景色です。

12:30@高千穂峡
———————————–
高千穂峡

途中(ちょっとだけ)迷ったりもしつつ、無事に高千穂峡に到着。
上の写真、観光ガイドとかで見たことがある方も多いのではないでしょうか?
切り立った崖の途中から滝のように水が湧き出ています。
これが有名な真名井の滝。

高千穂峡は五ヶ瀬渓谷ともいい、12万年前と9万年前の阿蘇山の噴火の際の
溶岩流が五ヶ瀬川に沿って流れ、急激に冷却された侵食谷です。
川と火成岩が織り成す絶景が見もので、多くの観光客が訪れています。

また、高千穂地方は神話の地としても知られ、天照大神や神武天皇の神話が残っています。

時間があればボートにも乗りたかったのですが、今回は断念。。次回はぜひ♪

14:30@六花亭(阿蘇地鶏料理:激ウマ)
———————————–
六花亭

高千穂で絶景を堪能した後は再び南阿蘇へ。
またまた道を間違えたりとプチハプニングはあれどそこは気にせず(笑)
昨年友人たちと立ち寄った南阿蘇の地鶏料理店の六花亭へ。

ここの鶏料理、目の前に置かれた炭火で焼くんですけど
ちょっとあぶって半生でも食べられるぐらい新鮮なんです。
鶏も若鶏(半年程度らしい)のものだけを調理しているため
ものすごく身がやわらかい。本当に絶品です。
あぁ、、車でなかったら焼酎飲みたかった・・・

一番驚いたのはここの女将さんが僕のことを覚えていたことです。
店に入って座るなり「飛行機で来られたとですか?」と。
思わず「僕のこと覚えてるんですか?」と聞いたところ
「なんとなく顔は覚えとる」との事。びっくりしました!
女将さんいわく
「この店ではお客さんといろいろ話すもんだから顔も覚えてしまうとですよ」
だと。うーん、接客業の鏡だわ・・・。と固い話題はおいといて
ここの女将さんは本当に面白いです。ほっといたらずーっとしゃべり続けます(笑)

おいしい鶏料理と名物女将を堪能できますよ!詳しくは↓
http://takamoriryo.jp/rokkatei/
※北海道の六花亭とはちがいますよー

15:30@阿蘇山頂
———————————–
阿蘇火口
草千里ヶ浜

鶏料理でおなかがいっぱい(本当にいっぱい)になった後、
今度は南阿蘇側から阿蘇山頂へ。

南阿蘇の風景を眼下にしながら30分程度走ると阿蘇山長につきます。
阿蘇といえば、最近では2003年に公開された映画「黄泉がえり」の舞台にもなった土地。
世界一のカルデラとしてもとても有名です・・・
の割にはあまり日本国内の観光の目玉とはなっていない模様。
こんなに絶景なのになぁ・・・。

阿蘇山は十数年前からの火山活動のたびに山の形を変え、
長い年月の間に現在の形に落ち着いていますが、噴火の際の溶岩流が
現在の福岡市や博多湾まで流れ着いている痕跡があるのを考えると
ものすごく巨大な山であったことが想像できます。
ヒマラヤ級だったんじゃないかなぁ・・・なんて勝手に想像しているのですが(笑)
外輪山(カルデラの外の部分:円錐の淵の部分)だけでも直径約30Km
(東京23区が入ってしまう規模)あるのだから、まんざらでもないかも知れません。

※噴火したときの噴煙はなんと、北海道まで達したらしい。

巨大な山が作り出す景色の中でそんなことをぼーーーーっと考えるのが
学生の頃から大好きでした。ここにくるとなんだかエネルギーをもらえる気がします。

火口から少し北へ下ったところには草千里ヶ浜という広い草原があります。
本当に何もないのですが、何もなくただずっと一面の草地が続いていて
その切れ目はもう空でしかない。その景色はここがどこか別の惑星であるかのような
錯覚に陥らせてくれます。

17:30@大観峰(阿蘇外輪山の北の端の展望台)
———————————–
大観峰

火口から一度外輪山の中へ降り、北上して今度は外輪山の北の端へ。
学生時代何度来たかもう数え切れない場所。大観峰です。
時間はちょうど日没後30分程度。
山の向こう側に沈んだ太陽が残した光と、夜の帳が作り出す
グラデーションが本当に最高でした。山のない東京ではお目にかかれない景色です。
阿蘇だけではなく、湯布院や九重でも秋になるとこのような日没後の
光の大イベントを見ることができます。本当にすばらしいです!

夜気が冷たくちょっとしんどかったんですが、こんな景色を見れて大満足です。

18:30@黒川温泉
———————————–

黒川荘

絶景を満喫した後は、冷えた体を温泉で温める番。
阿蘇から大分方面へ1時間弱走ったところにある黒川温泉へ。

黒川荘、昨年も宿泊しましたが秋に来るのは初めてです。
そして予約した部屋はラッキーなことに2部屋で土間やベランダもついていて
川のせせらぎを目の前に眺めることができます。
そして夜空には満天の星空・・・これはマジでやばかった。
オリオン大星雲や昴(プレアデス星団)が肉眼ではっきりと見えました。

(思わずiPhoneの星図アプリをDLしてしまったほど(笑))

到着してすぐに温泉(男女×3つずつ)に入ると
一気にその日の疲れが噴き出していきました。
さすがに一日500Km近くの運転は疲れたのかもしれません(笑)
でもありとあらゆる絶景も見れましたし本当に満足でした。

さて明日は東京に戻る日・・・
うーん、、もっとのんびりしたいぜー。

続く

帰省&九州旅行 vol.1

BlueSky
■11月22日(日)
9:45@羽田
———————————–
朝早起きして久々の帰省です。
診断士試験までは休暇も遊ばずずっと勉強漬けだったので

息抜きとして帰るのは本当に久しぶり。
車で空港に迎えに来てもらい、実家でちょっとお茶を飲んだ後
すぐに友人が経営している久留米のラーメン屋へ。

14:00@久留米

———————————–
帰ってきたときは必ず行くようにしている「ラーメン八」
大学時代にテニスで知り合った友人が超有名店(取材拒否「八ちゃんラーメン」)で
修行をしてのれんわけして開いた店です。
飲食業の経営もとても苦しいこの時代でもやっぱりおいしいものを出す店は
ちゃんと繁盛するんですねぇ。(写真を撮れなかったのは僕のミスっす(〃´o`)=3)
カウンターに座り、友人の大将と「元気でやっとーとね?」みたいな会話を
していると「あ~帰ってきたなぁ」という気になります。
この店のお勧めは、
 ラーメン(カタ麺)
 焼き飯
この組み合わせ!絶品です!ちょっと久留米まで足を伸ばせる人はぜひ!

17:00@二日市温泉
———————————–
実家の近所にある二日市温泉へ。
学生の時には特に「温泉」なんて気にもしませんでしたが
やっぱり仕事を始めると本当に温泉が気になるものです。
ゆっくり入って疲れを取ることができました。

19:00@実家で酒盛り

———————————–
久々の実家での食事と酒盛りです。
弟夫婦と甥っ子もいるのでかなりにぎやかな食卓です。
大人数の食卓っていいもんですね。ちょっと飲みすぎました(笑)

さて、11/23は朝から一気に宮崎は高千穂まで!
続く~

事業仕分けについて

記念すべき800エントリですが、固い話題ですんません(笑)
先週から世の中をにぎわせている事業仕分けについて。

時事ドットコムより
 2010年度予算概算要求の無駄を洗い出す行政刷新会議の「事業仕分け」は、9日間の作業日程の3分の1を終えた。これまでに800億円を超える事業の廃止を決定。天下り法人が抱える基金や特別会計にも切り込み、削減額を積み上げている。これに対し、標的となる各省庁の政務三役らは不満を募らせており、12月の予算編成に向け巻き返しを図る構えだ。
 「思っていた以上に(削減)額が出ている」。仕分け作業に参加する民主党議員の一人は13日、無駄の洗い出しが順調に進んでいると自信を示した。
 仕分けチームは11~13日の3日間で、事業の廃止を次々と判定。さらに農林水産、国土交通両省などの関連法人が所管する基金や特別会計から約6000億円を国庫に返納するよう求めるなど、衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた政策を優先して実行するための財源確保を目指している。
 仕分けチームが勢いづく一方で、事業廃止の「評決」を受けた各省の政務三役や官僚は不満を募らせるばかりだ。その矛先は、仕分けチームに参加している民間有識者に向かっており、官僚からは「どういう基準で何の権利があって選ばれているのか。まず仕分け人を仕分けしろ」と怒りの声が上がる。
 1事業当たり1時間のスピード議論で判定を出すことから、事実上、財務省のペースで仕分けが進んでいるとの反発も強い。原口一博総務相は、財務省所管の「外国為替資金特別会計」の埋蔵金や独立行政法人の造幣局なども「聖域」とせず、仕分け対象に加えるよう求めている。
 「すべてがその結論に沿ってやらなければいけないとは思わない」(厚生労働省の政務三役)。要求官庁側のこうした反発を意識したのか、仙谷由人行政刷新担当相は13日の記者会見で「仕分けの対象、方法について各官庁からも問題提起されると思う。丁寧に議論してみる必要はある」と述べ、一定の配慮も示した。
 判定結果に拘束力はないため、巻き返しを狙う省庁側を抑え込めるかどうかは、「政治主導」を掲げる鳩山由紀夫首相の指導力次第と言えそうだ。(2009/11/14-16:02)

こういうの、ガンガンやってほしいと思います。今までやってこなかった事をやるわけだから(てか、予算の精査やってなかったのと同じ。今までがひどすぎる)コンフリクトがおきるのは当たり前。というかコンフリクトは避けるべきものではなく、起きた後に処理をして合理的解決を図るものだというのがわかっていない人が多すぎる。

揉め事を避けていたら絶対に良い結果は生まれません。中途半端で役に立たない絵に描いた餅ができるだけです。それなのにテレビに出ているコメンテータの中にはこの事業仕分け自体を揶揄する人もいるわけで。テレビに出て講釈たれるならもっとマシなことを言ってほしい。
とあるコメンテーターが「予算にメスを入れることができるのは参議院を議題が通過した後だ。事業仕分け自体が違法行為だ」と言っていましたが、参議院を通過する前に予算の精査をしてはいけないという法律もない。どっちが正しいかもわからないので、「違法だ」という解釈自体が成り立ちません。

ジャーナリストならもっとマシなコメントをしてもらいたいですなぁ。

<本>接待の一流

接待の一流 おもてなしは技術です (光文社新書)
接待の一流  おもてなしは技術です (光文社新書)
光文社 2007-01-17
売り上げランキング : 38159

おすすめ平均 star
starもてなしのトライアングル
star「接待=おもてなし」であることを改めて認識させてくれる良書
starホスピタリティを学ぶ

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちょっと暇つぶしに入った本屋さんで手に取った一冊。
2,3ページ斜め読みして面白かったのでさっと購入。
新書はすぐに読めてしまうのが良いですね。

さて、田崎真也さんといえば世界に名を誇る一流ソムリエであることはご存知だと思います。ソムリエってワインの講釈をたれる人だと思っている方いませんか?そうではありません。ソムリエだけではないですが、特にお酒をお客様にサーヴする仕事をしている方は、アルコールの専門家であると同時に超一流のサービスパーソンであることが多いです。

本書では、「相手をもてなす心」の重要さが具体的な接待とデートの事例を交えて事細かに描いてあります。同時に、日本人男性がいかに「もてなし下手」そして「相手のことを考えていない」かも暗に(時々は単刀直入に)指摘してあります。

われわれ日本人男性にとっては耳の痛い話かもしれませんが、学生の頃6年間テニスインストラクターとして接客サービスをしてきた私から言わせると、本書のような内容が知られていなかった事実のほうが不自然でした(もちろん、私ができているとはいえませんが)。

「相手の立場に立って」なんて軽々しく口にしないほうがいいと以前ここで書いたこともありますが、まさしくそのとおりで一朝一夕でできるものではありません。そう、どれだけ「俺はやっている」と思っても、できてないと考えて事に当たっても不足はないのが日本の現状であると思います。
さらにここ日本は、物事を暗に伝えるのをよしとする文化の国。相手をもてなしているつもりでもてなしができていなくても、もてなされた側からはっきりと「いい気分ではなかった」事を伝えることもない。それがさらに「もてなし下手」や「もてなしているつもりの井の中の蛙」を増やしているのです。(少なくとも私はそう思います)

相手をもてなす心は、なにも接待やデートのときだけに限らず日ごろから大いに応用できるものです。物事を考えるときにも「自分の視点」だけだったら受け入れられないのは当たり前。必ず「複数の視点」で検証することが必要ですよね。

まずは自分自身が意識できるようになることから再度やってみようと思います。

図書館利用はじめました

会社を元気にする目標管理の成功手順 (すぐに使える中経実務Books)
会社を元気にする目標管理の成功手順 (すぐに使える中経実務Books)
中経出版 2004-04
売り上げランキング : 218213

おすすめ平均 star
star専門書であり実用書

Amazonで詳しく見る by G-Tools

試験が終わってからというもの、どんどん本を買いあさるがぜんぜん読むのが追いついていません(笑)。よく考えたら、ビジネス書を再度読み返すことってほとんどないなぁ(僕の場合ですが)って事で、ひとまずビジネス書は新書以外は図書館で調達することにしました。

大崎にある図書館は、ビジネス書を専門に取り扱っていることもあり、本屋のビジネス書コーナーよりは少ないですがそれでも必要な書籍はいろいろと取り揃えてあります。現在本業の傍ら進めているプロジェクトで、自分の知識を補うために早速借りて一気に読みました。まぁ、大体内容はビジネス雑誌とかにもよく書かれてある内容ですが・・・。

人事考課の事だけでなく、MBO(Management by Objectives)や上司部下のモチベーションマネジメントまで言及してあり、さらにサンプルシートまで添付してあって「ただの概要を述べた教科書」ではなくこれ一冊で十分現場へ適用することができる内容になっています。よくできた良書、という印象ですね。

面白かったのは↓かな・・・

■衰退の七つの危険信号
 (1)新鮮な目標がない
    毎期、ルーチンで目標設定がなされていませんか?
    毎年中期計画立てるとかも含まれるんじゃ・・・
 (2)現在の仕事しか考えない
    世の中の経済環境を無視した目標になってない?
    それだと目先の仕事だけに没頭する恐れあり
 (3)今までのやり方に固執する
    課長レベル以上に多いですよね、これ。
    でも若手でも新しいことにアンテナが立たないと、あっという間にこれになります。
 (4)会社はつぶれないと根拠もなく妄信する
    妄想の極みですね。会社がつぶれないのなら民事再生法はありません。
    会社はつぶれるモノです。
    事実、日本では2008年現在、廃業率が開業率を上回っています。
 (5)積極性がない
    どんな会社も創業時はベンチャー。
    安定した良い会社になってしまった老舗企業は危険。
 (6)過去の成功におぼれる
    飲み屋で武勇伝を話す人は大概これです。思考が停止しています。
 (7)批判を抑圧する
    部下の批判や意見を恐れて抑圧する上司は保身を第一義にしているのと同じ。
    それを恐れて批判をしない部下にも責任がないとはいえないが・・・。

面白いですね。
ちなみに僕のいる会社は・・・・・ノーコメント(〃´o`)=3

中には僕自身が素人目線から「こういうのやんなきゃまずくねーか?」って思っていることが大々的に取上げてあり、自分の考えを強固にできた部分もありました。

これから会社帰りに図書館を利用する日が増えそうです。

デフレについて考えてみる

Twitter

勝間和代さんがTwitterで署名を集め、デフレ防止について本日国家戦略室へ説明するとの事。私、経済学には明るくはないのでもしかしたら間違っているかもしれませんがご容赦ください。

さて、デフレ防止ですが、おそらく「デフレって物価が下がることでしょ?何がまずいの?」という方が多いでしょうから(その実私も先日まで知りませんでした)備忘録の意味もこめて簡単に説明しておきます。

「デフレ = 物価が下がること」で概ねの理解としては正しいです。では、物価が下がるとどうなるか?簡単なデフレスパイラルの仕組みは以下のとおりです。

    物価が下がる
     ↓
    企業側からみて売上が低下する
     ↓
    売上が低下しても従業員の賃金は比例して下げられない(※)
     ↓
    企業の収益が悪化
     ↓
    企業が雇用を縮小
     ↓
    失業率増大
     ↓
    消費の鈍化
     ↓
    物価が下がっているので「まだ下がるだろう」という消費者意識からさらに消費が鈍化
     ↓
    更なる値下げ
     ↓
    更なる収益の悪化
    ・・・

(※)ケインズ経済学での前提。賃金は下方硬直(つまり、業績が落ちようとも企業は従業員の給料を減らしづらい)であること。経済学者の中には当然別の立場の人たちもいますが、不況である現在はケインズの考え方が再度大きく見直されているのも事実です。「給料を業績連動にすればいいじゃないか」という方もいるでしょうが、世の中の9割9部を占める中小企業ではそのようなハイリスクな取り組みは行えないので、マクロ視点で見るとどんどん収益が悪化していきます。

インフレの場合は物価は上がりますが、「今買わないともっと物価が上がる!」という消費者意識から消費が加速され、景気という意味では上向く傾向にあります。(そんな簡単にはいきませんけどね。でも閉塞感が漂うデフレよりはマシです)

デフレに対して今すぐ自分のできること・・・は、モノを買いまくることかもしれませんが、そんな余裕はないので(笑)勝間さんの取り組みに一票入れておきました。

デフレの恐ろしさを政府もメディアももっと分かりやすく世に伝えるべきですよね。