大晦日に思い出の場所めぐり

久しぶりに地元に帰ってきてもいつもはせわしなく動いているんですが、不思議とゆったりしていた大晦日の本日、甥っ子が2歳半ぐらいになったのをきっかけに昔の自分を思い出し、思い出の場所めぐりをしてみました。

僕が家族と住んでいた遍歴は
・0歳~3歳ぐらい:福岡県福岡市早良区西新
・3歳~8歳:福岡県春日市春日原
・8歳~10歳:福岡県北九州市小倉北区中井
・10歳~14歳:福岡県福岡市南区南大橋
・14歳~18歳:長崎県長崎市矢の平
・18歳~24歳:福岡県太宰府市梅香苑

てな感じであっちこっちいっているので、その場所その場所で昔の記憶がはっきりと蘇ります。現在の実家は太宰府なので、自動車ですぐに足を伸ばす事のできる福岡県春日市と福岡市南区大橋までぶらっと行ってきました。

春日市春日原北町1-1

↑ここが3歳ぐらいから小学校2年まで住んでいた近所。現在も父親が務めていた会社の社宅(綺麗なマンションタイプになったけど当時は2世帯続きの平屋)があって、大きくは変わっていませんでしたが、小さいときに見た周りの景色はあんなに広かったのに、年をとってから見ると意外と小さいんですねぇ。。ここで奥に写っているのはJRの線路。僕は3歳か4歳頃、社宅の庭の囲いの塀の上に登って一日中電車を眺めているほど電車好きでした。電車好きはどこで方向転換したのかなぁ・・・。

古い公園

↑これはすぐ近所にあった公園とそこに生えていた大きな木です。よくここで近所の子達と一緒に木登りをして遊んでいました。どっちかというと、周りについていった感じだったなぁ。公園自体も大きく変わって小さくなってしまっていてちょっと寂しさを感じました。小さいときに登るのにあんなに苦労した木も、この年になると意外と小さいんだなぁと感慨ひとしお。30年近くずっとここに生え続けているのでこれからもずっと近所の子達の遊び場となって欲しいですね。

筑紫丘小学校

↑福岡県春日市から西日本鉄道(通称:西鉄)という私電で4駅ほど行ったところにある福岡市南区大橋。小学5年生と6年生の2年間を過ごした福岡市立筑紫丘小学校です。
僕が在学していた頃(あ、もう20年も前になるんだ・・・)に創立20周年を迎えたので、ちょうど今年あたりが40周年でしょうか。20年前に埋めたタイムカプセルって、どうなっただろう・・・気になるなぁ~。もし平日とかだったら職員室に出向いて聞いてみたいところです。

そのまますぐ隣りにある中学校にも足を伸ばしました。

筑紫丘中学校

↑小学校のすぐ隣りにある筑紫丘中学校です。創立50周年を迎えたようです(しらんやった)。僕はここに通って中学の2年になってしばらくして長崎に転校したわけですが、この中学校は本当に楽しくて友達と別れるのがかなり辛かった思い出があります。

大学に入って福岡に戻ってきたとき、この中学校の同級生が同じ学科にいたり、となりの大学のテニスサークルにテニス部の同期がいたりして、本当に懐かしかったのを思い出します。

中学・高校というのは第二次反抗期でもあり、人生の中でもかなり多感な時期。この時期の思い出は結構将来まで影響をするんだろうなぁ、なんていまさらながら思い返してみたりして。

中学の半分と高校の時にいた長崎では、地方の公立高校らしく異常に長い授業時間・異常な量の勉強量(ただの非効率ともいう)で、実はあまり記憶がないのですが、今度行ったときにはその辺をめぐってみたいと思います。まぁ、長崎はそれよりも観光の方が多くなりそうですが・・・(笑)

子供の頃は親の都合での転校が多くてすごく嫌でしたが、今になって考えるといろいろな人達とつながれたり、住んでいた場所をめぐることでその時の記憶が鮮明に引き出され、懐かしい思い出とともに自分自身を冷静に振り返ることもできるのでそうそう嫌なことばかりではありませんね。
反面、ずっと昔から同じ場所に住んでいる人は、今でも幼なじみとの付き合いがあって羨ましいとも思います。それぞれに良さがあるんですね。

家に戻り、過去の卒業アルバムを引っ張り出してみるといろいろと思い出が蘇ってきます。やっぱ写真って偉大ですね。大学院に入る頃に、「思い出は映像で残しておこう」とカメラを持ち歩くようになりましたが、これからも事あるごとにめんどくさがらずにコンパクトデジカメを持ち歩こうと思います。
(一眼レフは気合が入っているときに・・・笑)

2009年おつかれさまでした

OUTPUT

今年ももうすぐ終わりですね。本当にあっという間の一年だった印象です。さて、今年の一年を振り返ってみたいと思います。

■全体
—————————————————
兎にも角にも診断士の勉強を生活の中心にした一年間でした。自分自身、追い込まれないとやらない性格なので、毎日の勉強時間を記録し、それを励みにしていました(もちろん、記録すること自体が目標にならないように注意しながら・・・)。

1日24時間の核を勉強に置き、その周辺にその他事象がつながってきている、という感じで先に予定が決まってしまっていたので、周りの事象もコントロールがしやすかったですね。

結果、今年は不合格でしたがそのかわりに得たものは自分のための大きな糧になっています。
・目標が決まったら、毎日の予定(時間も)を仮置きでもいいので先に決める
・実施する際にかならず何かしら書く
・予定を実施したらかならず振り返りをおこなう
・振り返りノためのデータは一箇所にまとめておく

この、計画と実行の自分なりの進め方を認識し、進めていくことができるようになったことは非常に大きいです。仕事でもプライベートでも、趣味でも何でも、どんなに小さくても目標があるから進めるわけです。
でも半分近くは目標を立てた時点で満足してしまうもの。それでは意味がありません。診断士の勉強を進めていく中で身についたこれらの手法は、今後自分を飛躍的に成長させてくれると信じています(もちろん、改善を加えながら)。

■仕事
—————————————————
インターネット営業部門に異動して約3年間、「売上」という企業目標としてはなんとも短絡的な目標のために走ってきましたが、勉強から得た中で「なんで売上重視なんだ?」という前から持っていた獏とした思いが大きくなり、仕事の仕方が大きく変わりました。職場で残業原則禁止やフレックス廃止二なったことも大きいでしょう。最初の3ヶ月ほどは余裕時間を削減してでも早く終わらせようとしたため疲労がハンパなかったのですが、人間のすごいところは慣れることですね。今ではフレックス制度復活しない方がいいと思っているぐらいですから(笑)

セールスのサポートや事業部全体にかかわる仕事も与えてもらえるようになり、今までの「仕事に振り回される自分」から「仕事を作りコントロールする自分」へ転換できつつあると思います(まだ道半ばですが)。

その他、自分の思ったことを筋道を立ててちゃんと説明できるようになり、相手がかなりの上司でも論理が通らなければしっかりと反論出来るようになりました。

■音楽
—————————————————
時間が無い中でも、今一緒にやっている最高のメンバーと一緒に何回かステージを行いました。
・結婚式1回
・会社イベント1回
飲んでても誰かが必ず歌いだし、それに誰かがハモリを入れていつの間にかまた歌っている、なんてこともしょっちゅうで、このメンバーとは多分ずっと一緒に歌ってるんだろうなと思います。歌を媒体にしたつながりなんですが、どっちかというと飲み友達感覚のほうが強いかな(笑)だからこそ、ずっと続けられる気がします。

このユニットのすごいところは、「何故かみんな乗っかる」ところです。だれかが「こんなんどぉ?」とアイデア出すと、絶対に「いいね!それ!」ってなります。歯止めが効かなくなる恐れもあるんですが、このノリが原動力であり、今の社会に足りないのもこのノリなんだろうなぁなんて勝手に思ってます。メンバーのみんな、いつも元気もらってます。ありがとう。

■テニス
—————————————————
この1年間、ほとんどお休みしていました。体を動かさないとダメな方なんですが、あまり手を広げるとなんでも手付かずになってしまう性格なので、勉強の方を優先してある意味捨てていました。
来年はもうちょっと増やそうと思いますが、それよりも基礎体力づくりが大事ですね。。

会社の同期が朝ジョギングをしていると聞いて「やべー」と思ってしまいました(笑)
勉強も運動も、知識や方法をインプットしたらアウトプットして体に覚え込ませるのが大事。来年は毎日の予定の中に何かしら運動を組み込もうと思います。早起きランニングかなぁ~。

■家族
—————————————————
一昨年に弟に子どもが生まれ、実家の方面が賑やかになりました。一方、祖父が危篤状態となり、幸いにして生きていますが意識は殆どない状態が続いています。
そして、職場で身近にいた人が2名亡くなりました。
20歳~30歳は結婚式に呼ばれることが多くてとても華やかな10年ですが、30歳を超えるとやはりお葬式に呼ばれることも増えてきます。自分が年齢を重ねると同時に周りの方々も年齢を重ねていくわけですから、仕方のないことですが、嬉しいものではありません。

でも、だからこそ家族のことを本当に考えるようになりました。僕の父は64歳、母も60歳です。日本の平均寿命はもうすでに80歳を超え、医学も発達しているのでこれからまだまだ元気で長生きして欲しいですね。

そのためにはこの少子高齢化の日本の福祉事業をなんとかしないといけません。中小企業白書によると、ここ数年全業種でGDPの成長率はマイナスなのに、教育・医療・福祉はプラス成長を続けています。でもこれは生産性が上がっているわけではなく、限り有る人員の馬車馬労働の負荷が年々上がることによって生み出されているのです。

自分の親も当然年をとって、どんどん体は衰えていきます。同時に、自分自身も年をとって衰え出す時が来るのです。それを見据えた社会づくりをしていけるかが重要であり、選挙でもそのような長期目線に立った政策を実施しているところに政権を握って欲しいものですね(あ、おいら勉強忙しくて選挙行ってない・・・今度はちゃんとマニフェスト読もう)。
—————————————————

みなさんはどんな一年でしたか?
来年も良い年にできるよう、自分から動いていこうと思います!
本日夕刻の新幹線で実家福岡に帰ります(片道5時間・・・・きつ!)その時に来年の予定でも他てようと思います。

成績確認

不合格通知

はいこれ。不合格通知です。予想していた通り、Webでの通知に受験番号は掲載されていませんでした。そしてその1週間後ぐらいに二次試験の成績が送られてきました。

■最終結果
 ・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ(組織・人事)    B
 ・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ(マーケティング)  A
 ・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ(生産・技術)    C
 ・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ(財務)       A
 —————————————————————————————–
 4科目の総得点                                B

そう結果は、予想に反して「B」!え!?なにこれ?惜しかったってこと????
もしかしたら惜しかったのかもしれませんが、手応えが合った事例2がAだったのは
まだ良いとしても、1/3が空白だった事例ⅣがなぜにA???

結果をみて「惜しかった」というより、僕は自分の取った解答プロセスを振り返ってみようと思います。結果は惜しかったとしても、解答プロセス/内容が甘かったとして、来年同じ間違いを繰り返しては意味が無いからです(再現答案は作っていないので、はっきりとは言い切れませんが・・・)。

■事例Ⅰ
 和菓子の老舗と洋菓子会社のM&Aを絡めた事例でした。
 それぞれの強み/弱みの的確な把握が求められ、僕自身は
 相互補完を視点においた回答を作成しましたが、
 今考えるとリスクが高かったですね。。もし方向性がずれて
 いたら大外しをしていた危険が大きいです。

■事例Ⅱ
 古い時代の面影を残す城下町の商店街にあるスポーツ用品店
 の事例。城下町の観光と、時代にあわせて流行しつつあ
 るフットサルやジョギングを絡めた事例であり、第三者的には
 非常に難解という評価がされていました。
 僕自身は、直感がひらめいてかなりキレイな切り口で解答が
 かけたのですが・・・結果Aだから良かったようなものの、
 やはり方向性のベクトルが一つだと危険ですね。
 ※おそらくこの事例がかなり出来が良かったと思われる。
   そのため総合Bになっていると想像。

■事例Ⅲ
 家具の製造と販売を行っている会社の事例。
 この事例の途中にかなりの尿意と戦ったため、不覚にも
 内容を覚えていない。。。第三者的評価でも、
 「生産技術の知識が難解」とあったように、難しかった模様。
 でも、その難しさを感じるまでいたっていなかったので
 やっぱりCなんだろうなぁ。。
 この事例では「体調管理/試験前のトイレは重要」と痛感(涙)

■事例Ⅳ
 正直、何が何だかさっぱりわからなかった事例。
 経営分析では、2008年の「他社比較」に加え、
 今年は問題点だけではなく「良い点」を指摘しなければならず、
 勝手がちがったのは間違いありません。でも問題はそこではなく・・・
 それ以降の内容がほぼ「理解不能」であったこと。
 営業レバレッジって何?みたいな?
 財務は根本からやり直す必要がありそうです。

<総評>
 とにかくハイリスクな解答をしていたの一言につきます。
 出題者の意図がわからない以上、方向性をひとつに
 絞るのは危険が高すぎますね。複数の解釈については
 嫌というほど理解したつもりでしたが、人間には先入観が
 つきまとうもの。そんなに簡単に「実践」できるものではありません。
 ましてや僕自身、かなり頑固者ときているので、
 性格を矯正するぐらいのつもりでやる必要がありそうです。

来年1月からまたTACに通うことにしました。いろいろと迷いましたが、講師は尊敬するE先生。実務等でみにつけた知識や企業診断の面白さ、そしてなにより受講生に対するモチベーションの引き上げがこの先生の右にでる人はいない。

そして自分の脳の筋トレを実践するため1月~3月まではGLOBISに通い、徹底的に自分の思考プロセスを引っ掻き回してやろうと思います。

2010年こそ、合格!

玄界灘の魚に舌鼓

玄界灘の鯵

見てくださいこれ、ホッケじゃないっすよ、アジですよ、アジ!
超肉厚で脂がよく乗った身は超ジューシー・・・あぁ、思い出しただけでヨダレが・・・(´д`;)

昨日、大学時代のサークルOBの忘年会が八重洲にある玄界灘というお店(経営者は大学の大先輩)で行われました。先輩方はよくこのお店で飲んだりしていたらしいのですが、僕は実はこのお店での飲み会は初参加。
Googleさんで「八重洲 玄界灘」と検索して出てきた店に行ってもそれらしき店はなく、後輩に電話をしてやっとたどり着いたのは看板も暖簾もないビルの二階(笑)大将曰く、「この辺はおれが貸しとう店で玄界灘って店だけで5店舗あるけんくさ、検索してもなかなか出てこんばい。」そりゃーわからんわ(笑)。お店に行く方は、住所を入力して検索しましょう。

店に到着するとすでに3名ほどの先輩後輩方が。僕のいたサークルは、現存するテニスサークルの中で最古のもので、設立されたのは僕が1歳の時。僕がいたときに一度消滅の危機に瀕しましたが、不死鳥のように蘇り(大げさ?)、現在も最大のサークルとして活動を続けているようです。

そして僕の10個近く下の後輩たちもOBとしてこういう場に参加している・・・素晴らしいですね。

久々に会う人、とても上の先輩やとても下の後輩で初めて会う人(中には親子程の年の差も(笑))、いろいろな人がいます。もしこれが会社や学校という閉じたコミュニティの中だったら決して交わることのないような人たちが、「大学時代、同じ場所でボールを追いかけた記憶」という共通の話題で盛り上がれるって本当に素敵なことですね。

昨日は調子に乗って飲みすぎました。途中から何を話したかあんまし憶えてないのですが、いろいろな方に電話(イタ電ではないですよ・・・)をしまくっていたような・・・(笑)それぐらい楽しい飲み会でした。

さて、冒頭でも出しましたがこのお店、とにかく魚が新鮮!うますぎる。うそじゃねーっす。マジでヤバイっすよ。東京にある魚自慢の店に行ってもちょっとイマイチかなぁと思っていたのですが、ここの魚はド直球どストライクでハマりました。あぁ、ぜったいまた行こう、というか新年会の幹事を拝命したのでまたここでやるのですが(笑)

九州出身の人でもそうでなくてもぜひ一度行ってみてください!

↓こちらはとんこつラーメンの麺で作った焼きそば♪
焼きラーメン

■玄界灘
■東京都中央区八重洲1丁目5-21加藤ビル2階
 03-5203-0686

スタートラインはまだ遠く

本棚

本日は二次試験の合格発表日でした。というか僕にとっては不合格発表日でした。

まぁ、、予想はついていた、というか「ダメだった」という手応えだったのでまだまだやるべき事があるのでしょう。何はともあれ、この1年半ほど頑張ったことで自分の弱点と出来ていない事、そして本当に自分がやりたい事を明らかにできたのは自分自身にとって大きな成果だったと思います。

努力を続けること、と二次試験が終わった日にここに刻んだエントリですが、再びそれを見返して試験合格だけではなく、物事を考えるプロセス、考えることを継続するための方法、そのために行うべき行動などを頭に刻み込みました。

とにかく普段から色々なことの背景から考え、仮説を立て、検証してみて、さらにそれを繰り返すことを続けることが大事だと思います。この、「仮説を立てる」のが一番甘かったんだろうなぁ。。。

まだ診断士というスタートラインは見えませんが、これから約10ヶ月で徐々に近づいていきたいと思います。まずは、以前やってた勉強計画シートの再利用だな・・・

入れ歯じゃないとです

マウスピース

さて、なんでしょ?これ?
答えは、マウスピースでっす。

もちろんボクシングを始めたわけではありません。

実は僕、子供の頃から歯ぎしりがひどいらしく、つい先日歯医者でのクリーニングの際に指摘されたので歯を保護するためにもマウスピースを作ろう、ということに相成ったわけです。

歯医者で見てもらうと歯ぎしりをするかどうかは歯の磨り減り具合でわかるそうです。僕の場合、かなり磨り減っていたらしい・・・・なんせ、犬歯(糸切り歯:とがっているやつ)がとがっていなかったわけですから・・・(汗

歯ぎしりの原因はいろいろあるそうなのですが、いまだにコレ!というのはないらしくストレスによるものが大きいらしいということぐらいしかわかっていないらしいです。ストレスはないつもりなのですが、無意識のところでストレスを感じているんでしょうかねぇ?夜中の歯ぎしりでストレスを発散しているとしたらちょっと悲しいですな・・・。

根本原因の解決にはなりませんが、ひとまず歯と顎の保護にはなるかな、と。口もしっかり閉じて寝ないとマウスピースが外れてしまうので、喉もやられずにすみそうです。

皆さんもお気をつけをー♪